なるほど、確かにこうすれば放射能汚染なんて
大したことないじゃん、ということになるわけか。
こういうことを意図して指示を出している人がいる、ということですね。
戦時中の大本営発表みたいなもんか。
それにしても、セコい..。

東京新聞・中日新聞 4月10日「紙つぶて」より引用

不可解な「除染」

 新聞などで発表される福島県飯舘村の空間線量率の値が、年明けから急低下した。今年は積雪が多かったので、その影響だろうかと考えていた。
だが、3月末に事故後1年目の調査で村に入り、モニタリングポストを確認して驚いた。線量測定器の置かれている場所の周りは徹底的に除染され、表土も入れ替えられていた。持参した測定器で地上1メートルの線量率を測ってみると毎時1.2マイクロシーベルト(単位は以下同)だったが、5メートル離れた場所では2.4あった。しかも測定器の下には分厚い鉄板。これでは直下からのガンマ線はかなり遮られる。実際に、文部科学省の公表値は1を下回っている。
 飯舘村は原発事故で全域が高濃度に汚染されたが、村内でも汚染度に濃淡がある。南部の長泥地区では、いまだに10を超える値が計測されるところがある。なのに発表される飯舘村の値は比較的低い地区の、しかも除染された場所に置かれた測定器の値なのだ。村の現況を代表しているとは到底言えまい。同行した京都大原子炉実験所の今中哲二助教は「モニタリングポストの用をなさない」とあきれた。
 文科省に問い合わせると、除染は内閣府が実施したため関与していないという。内閣府は「モニタリングポストが置かれていたことを認識していなかった」と答えた。事前に調整しなかったというのだ。だが、ポストの周りを念入りに除染した(ように見える)のはなぜか、答えはなかった。
(小沢祥司=環境ジャーナリスト)



スポンサーサイト
世の中 | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
なるほど、確かにこうすれば放射能汚染なんて大したことないじゃん、ということになるわけか。こういうことを意図して指示を出している人がいる、ということですね。戦時中の大本営...