初眼鏡 Kazuo Kawasaki MP-692

2011/05/31 Tue 19:37

もう先月の話になりますが、生まれて初めての眼鏡を購入しました。
Kazuo Kawasakiのアンチテンションフレーム、MP-692。

Kazuo_Kawasaki_MP692


以前から川崎和男さんのデザインが好きだったので、
もし眼鏡をかけることになったら川崎さんのがいいなあ、と漠然と思っていました。
というわけで金沢市の和光眼鏡さんでレンズを合わせてもらい購入。
川崎さんの眼鏡ではSilmo2000グランプリのMP-690が個人的には一番に思い浮かびますが、
いろいろかけてみて一番しっくりきた2004年のこのモデルに決めました。
派手さはない落ち着いた形ですが、正面上部のラインが印象的です。
フレームのメカニックな部分についてはあまり知識がありませんが、
蝶番部の構造を眺めているだけで何だかそそられますね。
ここには2種類の弾性素材を使っているとのことで、
かけ心地も軽くてしなやか、かつズレることもなく、今のところとても調子がいいです。

MP-692
真上から見るとこんな感じ。
中心部だけでレンズを支えています。

ところでレンズを調整してもらったとき驚いたのが、
あらかじめ眼科医で作ってもらっていた処方箋通りのレンズをかけてみたところ、
視野の右側だけ異常に遠近感が強調されてしまったこと。
長方形のはずの新聞紙がひどく歪んで台形に見えたほどで、
これではあかんと改めて細かく調整してもらいました。
私の場合乱視の角度が左右の眼で違っているとのことで、
うまく矯正しないとこうなるらしいです。
最近はインターネットでも処方箋を送るだけで眼鏡が買えるようですが、
初眼鏡でそういうことをしなくて良かったと思います。
ていうか、じゃああの処方箋は何だったんだ?という気もするけど。

というわけで和光眼鏡さんにはレンズ調整やフィッティングも念入りにしていただき、
とても親切に対応していただきました。どうもありがとうございました!

スポンサーサイト
工芸・アート・デザイン | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ん?
> デバラさん
はい。その通り!(児玉さん風に)

管理者のみに表示