金沢の純喫茶 ローレンス

2012/03/31 Sat 12:23

「金沢 純喫茶」で検索すると上位にたくさん出てくる「ローレンス」
ふとしたことから初めてこのお店にちょっと寄ってみました。
ここは五木寛之さんが若い頃常連客で、直木賞受賞作もここで執筆し、
受賞の知らせもここで受けたという、ファンの間では有名なお店だそうです。

ローレンス1

香林坊109のすぐ裏という金沢でも一番の繁華街にあるのですが、
何だかここだけ別世界のような、妖しい空気を発散しています。
古い雑居ビルの3階、屋上の螺旋階段の物見塔が素敵。
階段にあるアイアンのオーナメントもとてもいいですね。

ローレンス3

店内も、長い時間がそのまま降り積もったような、あるいは
この室内だけセピア色のまま時間が止まったような、濃~い空間でした。
棚やテーブルの上にも魅力的なオブジェがごろごろと。
私のテーブルにはカボチャとザクロ、緑色に朽ちつつあるパプリカ…。
あとはアーティストでもあるというここの女性店主さんが造った?オブジェ?
..なのかなあ、これは..。

その髪の長い黒ずくめの店主さんが見開き2ページのメニューを持ってきてくれて、
「...できるものとできないものがありますので、今からご説明いたします。
まず、右側のページは全てできません。全滅です。ゼンメツ。
あと今日は○○フロートと名のつくものはできません。
左側は○○と○○と○○はできます。…」みたいな感じで説明していただきました。
確かジンジャーミルクというのはできる、と言われたような気がして
飲んでみようかな、と思ったのですが、やっぱりその日は普通にコーヒー。
出てきたコーヒーは、一体このお店らしいのからしくないのか?
よくわからないデザインのカップに優に2人分は入ってそうな大盛りで、
サービスに煎餅と輸入もののパイ菓子もつけていただきました。
コーヒーは普通に美味しかったです。400円でした。

ローレンス5

ローレンス4

たくさんの人がブログなどで紹介しているせいか、
この日は雨だったのですが次々とお客さんが入ってきます。
客層も、旅行客(たぶん)の男性2人連れ、女性1人、男性1人、
親子3人連れ、地元のおっちゃん2人連れ..etc.と様々。
そんなわけで店の雰囲気とは裏腹に店主さんも何だか忙しそうでしたが、
もうヘタヘタにへたったソファに深~く身を沈めて、このレトロな空間で
何も考えずにぼーっと過ごすひとときはなかなかの心地よさでした。
またお邪魔したら今度は店主さんのお話も聞いてみたいですね。
帰り際には、「この飴すごくオススメなの」ということで
生姜カリンのど飴 をいただきました。ありがとう。

スポンサーサイト
能登・北陸 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
んー確かに妖しい感じ!勇気ありますね。
Re: No title
いやー、結構楽しい時間を過ごせましたよ。店主さんもフレンドリーだったし。
デバラさんもぜひ一度どうぞ!
うわ~
うわ~、ローレンスかぁ。
何だかメルヘンぽいというのか、何というのか、
昔とはちょっと様子が変わってますね。
オッサン一人じゃ座ってられない(笑)。
金沢で浪人中(69年)に結構行ってました。
その時に既にレトロな雰囲気漂ってたような…。
今もやってるのは知ってたけど、
なかなか入る気にはなれず…。
(というか喫茶店自体に余り行かなくなったなぁ)
珈琲の量が多いのは昔と同じですね。

Re: うわ~
あーそうでしたか。69年ということは43年前…かなり昔。w
じゃあ先代の方がやってらした頃なんですかね。初めて入るときは若干勇気が要りましたが、中は結構落ち着くのが不思議でした。
その日は奥の個室みたいなところに座った若い男性一人客がなかなか注文を取りにきてもらえず、だんだん目が泳いできたのが笑え…というか、面白かったです。
金沢の純喫茶といえば片町交差点の近くに「ぼたん」という店もありましたね。

管理者のみに表示