Bruce Springsteen&The E Street BandのBig Manことクラレンス・クレモンズが
この夏来日して、サマーソニックに自身のバンドで出演するとのこと。びっくり!
(8月14日・ビーチステージ。ちなみに同ステージには他にBootsy Collinsと
Village Peopleという、何だか不思議な組み合わせ。Bootsyも観たい。)

クラレンスは最近レディ・ガガのアルバムに2曲参加していたのにも驚いたが、
E Street Bandの長いオフが続いている間、結構精力的に活動していたようだ。
とはいえ今年69歳、近年足腰の具合があまり良くないらしく、
ライブでもずっと椅子に座ってプレイしている。
日本の真夏の暑さは大丈夫か?と何だかちょっと心配だ…。
ソロ活動に関しては、1983年の'Rescue'は素晴らしいアルバムだったが、
その後2,3作は何だか?…だったのであまり聴いていない。
これを機に最近の作品もちょっと聴いてみようかなと思った。

それからクラレンス主演のドキュメンタリー映画もこの春に公開されている。
'Who Do I Think I Am?~A Portrait of a Journey'というタイトルで、
内容はクラレンスがツアーの疲れをいやすために2005年に中国を訪れ、
自分自身を探して旅する姿を捉えたもの、といった作品のようだ。
トレイラーをここで見ることができるが、スピリチュアルな雰囲気で映像も美しく、
ちょっと観てみたい気にさせられる。
スプリングスティーンの来日公演はこの先もあまり期待できないけど、
代わりにBig Manが元気にブロウする姿だけでもぜひ見てみたいものだ。
たぶん行けないだろうけどね..。

追記
とても悲しいことに、この記事からわずか20日あまり後の6月18日、
クラレンスは脳卒中により亡くなってしまいました。
こちらに追悼記事をアップしています。

スポンサーサイト
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示