Don't Count Me Out

"ドント・カウント・ミー・アウト~ザ・フェイム・レコーディングス VOL.1"
by ジョージ・ジャクソン


ジョージ・ジャクソンのFAME録音集です。
全24曲入りで1曲を除いて全て未発表、内容の方ももちろん
何で今まで日の目を見なかったのか? というくらい充実。
キャンデイ・ステイトンの記事のときもちょっと触れましたが、
この人の書く曲の良さは今さら言うまでもありません。
キャンディやクラレンス・カーター、ウィルソン・ピケットの歌で
親しんできた曲の本人バージョンも初めて聴くことができました。
上記の人たちのようなディープで声量たっぷりのこれぞサザンソウル、
といった感じの濃いボーカルスタイルではないのですが、
人当たりの良さそうな彼の風貌そのままの柔らかいタッチの歌も耳に心地よいです。
日本盤は鈴木啓志さんの詳細な解説が入っていて、
ピケットのアルバム”Hey Jude”のバックバンドのクレジットの間違い、
あるいはアトランティックの意図的な嘘か?と、
今回は少々怒り気味ですが、勉強になります。
このアルバムはVol.1ということで、じゃあVol.2も出るのか、楽しみ、
と思っていたら、何とVol.3まで出る予定とのこと。
続編も気長に待ってます。

スポンサーサイト
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示