永平寺へ初詣に行く

2012/01/06 Fri 20:19

2012年の初詣は思い切ってちょっと遠出して、福井の永平寺へ。
実は北陸にもう20年以上住んでいるんですが、
恥ずかしながら永平寺は今まで訪れたことがなかったのでした。
道元という人には結構惹かれるものがあるし、実家も曹洞宗だし、
仕事でも長年曹洞宗のお寺に深いご縁をいただいているので、
もっと早くに行くべきでした。
などという思いを抱えつつ、北陸道を飛ばして
正月2日の時々雪の舞う冬型の天気の中、やっと行ってきました。

大体過去に訪れたお寺の多くは、境内を適当に歩いて
いくつかある建物を眺めながら順番に巡る、という感じでしたが、
永平寺の場合ほとんどの建築が回廊でつながっていて、
参拝者は手前の大きな建物から入り、靴を持って
あとはずっと建物の中を順路に沿って巡るというシステムでした。
確かに山間の斜面に割と隙間なく建物が建てられていてるので、
外を散策するような造りの境内ではないですね。
修行の場らしい厳しさを感じさせる造りといえるのかもしれません。

永平寺2

京都や奈良のお寺のように特別古い建築が残っているわけではないのですが、
さすがに規模が大きくて風格のある伽藍です。
大きな杉の木が林立する雪景色を眺めていると、
道元禅師が新たな思想を胸にこの地を開いた、
はるか時の彼方の鎌倉時代へしばし思いを馳せてしまいます。

永平寺1

永平寺は修行の厳しさで知られていますが、
さすがに雲水さんは皆さん引き締まった表情をされていますね。
ところでメガネをかけている雲水さん、
みんな揃って太い黒縁のメガネだったんだけど、
これは何か決まりでもあるのかな?

永平寺3

この日は初詣ということで参拝客がとても多く、
流れに押されてあまりゆっくり見学もできませんでした。
法要に参列でもしたらまた印象も違っただろうけど、
今回は時間もなく駆け足で参拝、
禅寺の雰囲気をちょっと味わえたかな、という程度でお寺を後にしました。
もっといろいろ見てみたいところもあるので、
今度あまり人の多くない時期に改めて来てみようと思います。

永平寺4


スポンサーサイト
能登・北陸 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示