エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド金沢公演へ行ってきました。
(11月28日・いしかわ総合スポーツセンター メインアリーナ)
その3日前に羽咋へスカパラのライブを観に行ってきたばかりですが、
まとまるときにはまとまるもので..。

ロックのヴォーカリストで誰の "声" が一番スゴイか? て言うか、まあ好きか?
みたいなことを考えてみると、まず真っ先に思い浮かぶのが
私の場合このスティーヴ・ウィンウッド。(と、リック・ダンコかな。)
若いとき、初めて聴いたスペンサー・デイヴィス・グループの
”Gimme Some Lovin' ”のあまりのカッコよさに痺れたのを覚えています。
というわけでお目当てはやっぱりスティーヴ・ウィンウッド。
何というか、ウィンウッドはその佇まいが非常に凛々しいというか、
キリっとした男っぽさがあって好きなんです。

席はスタンドの結構後ろの方でいまいち。
もっと早くチケット買えば良かった、と後悔してももう遅い。
客層はさすがに年配の方も結構多かったですね。まあ自分もいい歳ですが。
中には和服を着た上品なご婦人の姿も..。さすが加賀百万石金沢です。

コンサートはBlind Faithの"Had To Cry Today"でスタート、
4曲目で早くも”Presence Of The Lord”が登場。やっぱりいい曲です。
MCはエリックの”Thank you!” 以外はほとんどなしで、
Blind FaithやTrafficの曲、エリックが歌うBluesのカバーなどを次々と演奏、
重厚、骨太のブリティッシュ・ロックをじっくり聴かせてくれました。いいっす。
後半は"Georgia On My Mind"でちょっと雰囲気を変え、
その後2人並んで腰を下ろしてアコギのセット、
ラストはジミヘンの"Voodoo Chile"、この壮絶な演奏には鳥肌。すごかったです。
アンコールは"Dear Mr.Fantasy"、このリフレインをずっと聴いていたい..。
そして最後は”Cocaine”!の叫びで終了。
ずっしりとした時の重みすら感じる、すばらしいライブでした。

エリックのギターはもはや神の領域に達している?なんて話もありますが、
(確かにアコギでのBluesのソロはやっぱりさすがですね。)
生で聴いたスティーヴの声は今も変わらずとても魅力的で、
ギターもエリックと一緒にガンガン弾いていたし、オルガンも破壊力抜群でした。

個人的には”Gimme Some Lovin'”も聴けたしうれしかったですね。
原曲の騒がしく跳ね回るようなグルーヴではなかったですが、
これもこれで良し、という感じでしょうか。
あとは"While You See A Chance"も。これもほんといい曲ですね。
残念だったのは期待していた"Little Wing"をやってくれなかったことかなあ。

それにしても、地元の金沢でこんなすごいメンツのライブが観られたなんて
よく考えたらスゴイな、何て幸せなことなんだろう...と、
ライブの余韻をじっくりと噛み締めつつ、能登への帰途につきました。ありがとう。


スポンサーサイト
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示