FC2ブログ

「遺言。」養老孟司を読む

2018/03/27 Tue 20:34

遺言。養老孟司

養老さんの本は相変わらず面白いですね。この「遺言。」では、「違うこと=感覚所与」と「同じにしようとすること=意識」の対立を軸に、動物と人間、言葉、音楽、アート、科学、コンピュータ、社会問題…と様々に話が展開していきます。中でもその視点からのアート、建築と共有空間の捉え方は新鮮でした。一般向けの新書ということでかなり論理も単純化して書かれていて、いつもながらスパスパと小気味良いテンポで話が進むんですぐに読めるけど、内容は非常に奥が深いです。

個人的には、9章の時間に関する話の中で、時空は意識が創り出した基本的な概念である…というところに引っかかりました。曰く、「時空とは、時間を内在する聴覚運動系と、時間を内在しない視覚系を折り合わせるために、意識の内部に発生した。」ということで、ゼノンの有名なパラドックス「アキレスと亀」を例に挙げています。なるほど、このパラドックスにこういう説明があるのか…と納得。

時間といえば、時間についての著書が多い物理のハッシー君こと橋元淳一郎さんの著書を読んだときも、時間も空間も真の実在ではなく、人間の認識がつくり出したものにすぎないのではないか?…といったことが書かれていて、それを読んで以来世界の見方が少し変わったような気がしてますが、まあ時空のことを考え出すともうかなりややこしい話になってくるので、これはこれでまた別に学習してみたいです。

ちなみにこの本のタイトルは「遺言。」となってますが、養老先生は当面あの世へ行く予定はなく、これは遺言1.0とのこと。というわけでこれからもまだまだ元気で活躍していただいて、遺言2.0、3.0…にも期待。

スポンサーサイト
本・映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示