FC2ブログ
構造素子

2017年のハヤカワSFコンテスト大賞、樋口恭介さんの「構造素子」

設定や構造が難解というかちょっと複雑で、どんな小説なのか説明するのがなかなか難しいんですが...読み進めていくにつれ様々な思索や空想が喚起される、自分にとってはこれまであまり経験したことのない刺激的な読書体験でした。非常に面白かったです。

ストーリーは、売れないSF作家だった亡き父の未完の草稿を手渡された息子、その草稿から物語が増殖し、展開していく..といったものですが、重層的な物語の中の物語、溢れ出す言葉の宇宙とでも言えばいいのか?決して読みにくくはないですが、なかなか一筋縄ではいかない作品です。

記述すること、言葉を書くことによって創り出されていく世界。それらは書き変えられ、書き加えられたりしながら、量子論でいう可能世界のように、あるいはサイバースペースのメモリを書き換えるように、語り手が変わり、別の世界や違う物語が語られ、そしてまた再帰していく..。読んでるうちに、ひょっとしたら我々のこの世界も、誰かによって記述された仮想の世界なのかも...?と空想してみたり。

物理学、情報科学、数理論理学、生物学、哲学etc.…と過去から現在にいたる様々な学問分野の知見が引用され、同時にエドガー・アラン・ポー、H.G.ウェルズ、ウィリアム・ギブスン..といった過去の文学、SF小説へのオマージュに満ちています。

終盤は、言葉と記憶、生と死をめぐるまるで詩のような哲学的な思索によって物語が静かに語り終えられ、深い余韻も感じました。全体的に1度読んだだけではなかなか消化できない深さがあるので、もっと読み込んでみたいです。

それにしてもこれだけ多くの要素を詰め込んだ小説なのに、作者はまだ20代ということでさらに驚き。まるでこの作品に作者のそれまでの全てを注ぎ込んだような印象も受けましたが、次回作は一体どんな作品になるのか? 非常に楽しみ。

スポンサーサイト
本・映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示