FC2ブログ
御多分に洩れず、最近ずっと私もAI、人工知能に興味があります。

以前、東大合格を目指していたAI「東ロボくん」の研究者である新井紀子さんが、人間とAIの違いについて、「AIはまるで意味を理解していない」とおっしゃってました。なるほど、確かにAIがやっていることは、アルゴリズムに従った論理的な計算にすぎないんだろうと思います。

ではなぜ人間はAIと違って「意味」を理解できるのかな? と考えて、ふと「意味」って一体何なんだろう?と..。「意味」とか「理解」ってどういうことなんだ?って考えていたら、頭がこんがらがってきて訳がわからなくなってしまいました..w このへんのトピックとしては有名な中国語の部屋という話もあるけど、そもそも「意味」っていうのは何で、どの段階でどのようにして生じるのか?人間が「意味」を理解する、というのは、一体どういうことで、脳の中でそのとき一体何が起きてるのか? もっと言うと、人間の知能、知的活動というのは、そもそもがどういう現象なのだろう?と…。

ちなみに「意味」を辞書で引くと、「① 言葉記号などで表現され,また理解される一定の内容」と書いてある。それから、コトバンクの解説も結構詳しくて面白い。

まあそれはそれとして、例えばコンピュータのデータは、すべて0と1の数列で表すことができる。0と1の数字の羅列を見ても、普通はそこから「意味」を読み取ることはできない。しかし、0と1の数列を、プログラムというルールに則って解読、変換したときに、画像だとか文章だとか音声だとか、人が「意味」を理解することのできる情報になる。

また、全く同じ情報に接しても、そこに意味を見い出せる人と見い出せない人がいるという場合もある。その違いは、おそらくそれを理解するための下地というか、基礎知識、フォーマットのようなものが、あらかじめ脳の中にあるかないか、ということになるのだろう。それは脳の中の、上記のプログラムに相当するものなのかもしれない。

そうすると、「意味」というのは、なんらかの規則に沿って解読された情報、情報の配列やつながり、相互関係のようなことから生じているものなのかな。

また私たちが、何かを理解していない状態から、「あ、わかった!」と理解した状態に変わったとき、脳の中で何が起きているかというと、たぶん脳の神経細胞の結びつき状態が変わり、電気信号の回路が違う回路に変わっているんだろうと思う。
ただおそらく、例えば理解した状態の脳の電気信号の回線図と、理解していないときの回線図を仮に表示できたとして、それらを比べてみたとしても、先ほどの0と1の羅列と同様、私たちはそこから両者の意味するところの違いを読み取ることは多分できないだろう。脳の中の「意識」だけが、その違いを感じていて、「理解」している。

そう考えると、「意味」が生じているのは情報そのものにではなく、脳の中の私たちの思考、意識の中でということになる。では、「AIは意味を理解していない」ということは、「AIには意識がないから」ということなんだろうか?(まあ確かになさそうだけど w)
結局、人とAIがある問題に対して同じ答えを出したとして、意識のある人間はそこに何らかの意味を見い出して、意識のないAIは意味を理解していない、ということになるのか。確かに現状では、どうもそういうことのような気がする。でも、例えば犬と猫を見分けることのできるAIは、「犬」や「猫」を一応理解している、という言い方もできなくはないのかな?

ところで私たちも普段無意識にいろんな行動を取っている。例えば咄嗟に危険を避けたりとか、そんな行動を私たちは意識の助けを借りることなく行っている。では私たちが無意識にやっていることは、現状のAIがやっていることと同じレベルということになるんだろうか?

冒頭での「計算しているだけのAIは意味を理解していない」という話に戻ると、神経細胞の電気信号の集まりである脳も、他人が外から観察する分には、単に何らかの計算をしているだけのように見えるだろう。じゃあ、外から見たら計算してるだけのAIも、その内部でひょっとしたら微かな意識を発生させている可能性もあるんだろうか?(まあこれは今の段階ではちょっとありそうもないと思うけど、いつかはそんな日が来るのかもしれないね。)

つまりは、計算している主体にだけ、その内部で意識が発生していると考えられるけど、では一体どの段階で「意識」が生まれ、「意味」が生まれるのか?そして、それを感じて、思考しているこの自分とは、一体何なのか?どういう現象なのか?と、結局最も根本的な疑問に立ち至る。

私たちの脳の中では電気信号で情報を処理し、ときどきそれを見ている「意識」も、それ自体が電気信号の集積が生み出している現象だと考えられる。そう考えると、いつの日かAIが人工的な意識を持つ日が来ても原理的に不思議はないんじゃないだろうか? 物理的には、人間の脳もAIも、ある回路を流れる電気信号の集積という点では同じだし。あるいは両者に、それ以前に何か本質的な違いというものがあるんかな?

そもそも、「意識」を持って、意味を理解しているこの「自分」という現象が存在していることが、考えれば考えるほどほんとに不思議に感じられる。それとも全ては思い込み、幻想なのか?
でも人間が意識を持って「意味」を考えることがきたからこそ、科学理論や技術を発展させて、今日あるように周りの環境を変え、この宇宙の中で他の星まで行ってしまうほどの文明を作り上げてきた、というのは、動かし難い事実に思える。それも実はシミュレーション仮説のように全て幻だ、と言ったらそれまでだけど。


..などなど、意識の問題について素人なりに日頃あれこれ考えていることを、思いつくままメモ代わりにちょっと書きなぐってみました。なんか疲れた w
脈絡もないし、間違った思い込みも多々あると思うんで、もっと勉強します。

それにしても、AIについて考えれば考えるほど、人間って一体何なんだ?という疑問がどんどん膨らんでくるのだ。
スポンサーサイト
考えごと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示