FC2ブログ

運慶展を見に行く

2017/11/18 Sat 20:21

東京出張の空き時間に、上野の東京国立博物館へ特別展「運慶」を見に行く。

東京国立博物館
東博はいつ来てもキレイです。
運慶展はこの本館ではなく、左奥の平成館で11月26日まで。


さすが人気の展覧会だけあって、平日なのに入場は40分待ち。そういえば去年の若冲展は4時間待ちとか聞いたけど、ほんとに皆さんそんなに並んでまで見に行ってたんでしょうか?

というわけで、展覧会の方は運慶について最近軽く予習済みwだったんで、混雑はしてたけど非常に楽しめました。でもこれだけ人が多いと、じわじわ近くに寄って見ることはできても、ちょっと離れて像全体を眺めるというのがなかなか難しくて残念。

内容の方は、静かな如来像もいいけど、彫刻として眺めるにはやっぱり力感にあふれて気迫に満ちた四天王像が強烈で素晴らしい。

他にも八大童子像(の6体)の各々の個性的な表情と表現はいくら眺めていても飽きないし、最高傑作といわれている無著・世親の両菩薩像は、仏像というよりほとんどリアルな人物像でありながら、まるで「智慧」と「慈悲」という仏の教えがそのまま人の姿となって現れたよう...。その穏やかな玉眼の眼差しの中に入って見つめられていると、思わず手を合わせて拝みたくなるような神々しさ(仏ですがw)でした。

父親である康慶の四天王像も良かったし、生々しくて妙に人間臭い「法相六祖坐像」も運慶作同様に素晴らしかったです。余談ですが、その「法相六祖坐像」の6人のお坊さんたちの顔を眺めていたら、何となく山田芳裕さんの漫画「へうげもの」を思い出しました。もしかして山田さんは、キャラ作りや表情の描き方にこの像も参考にしたんじゃないだろうか?などと..。いや、何となく雰囲気が似てるな~と思ってww

ところで今回の展覧会の図録、写真が非常に美しくてクローズアップも多数、帰ってからずっと眺めてます。これは永久保存版だな。

運慶展図録
運慶展図録


以下おまけ。

富士山
帰りは久々に東名経由、富士山がきれいに見えた〜

駿河湾沼津SA
駿河湾沼津SAで休憩。お茶畑に沼津市街、その向こうに海が見えて、眺めが良くて気持ちいいSAです。太平洋側の冬は晴れが多いし、この辺りは暖かくていいですね。
スポンサーサイト
工芸・アート・デザイン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示