FC2ブログ

富山県美術館へ行く

2017/09/20 Wed 23:24

8月末に新築オープンした、富山県美術館へ行ってきました。
前身の富山県立近代美術館の頃も何度か行ってますが、20世紀美術とデザイン中心のコレクションが結構好きでした。

富山県美術館
建築設計は内藤廣さん

富山県美術館
2Fと3F、全面ガラスの明るいホワイエから環水公園が見渡せます。
広々として気持ちいい空間。これで立山が見えれば文句なしだったんだけど、残念ながらこの日は雲に隠れてる。

富山県美術館
2Fの屋外広場には三沢厚彦さんのシロクマの彫刻

富山県美術館
富山県美術館
佐藤卓さんプロデュースのオノマトペの屋上
子供達が大喜びで遊んでました。

富山県美術館
でかいタッチパネル式のディスプレイで、名作ポスターを鑑賞できます。

富山県美術館
ホールではこの館自慢の名作椅子&名作ポスター展。椅子の一部には実際に座れます。
ポスター展のこの2枚、カッコいい〜。奥はル・コルビュジェ、手前はキース・ゴダード。

企画展の「生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて」も見てきましたが、昔から非常に好きなマーク・ロスコの絵を見られたのが良かったかな。ロスコの絵にしては小さめでしたが。

それにしてもロスコの絵、実物をそんなに何度も見たことがあるわけじゃないけど、こんなにシンプルな絵なのに何でこれ程の深さ、とてつもない奥行きを感じるんだろう?といつも考えてしまいます。抽象表現主義の絵画ではあるけれど、絵を見つめていると確かな風景が見えてくるし、そのうちに意識のベクトルが変わって、だんだん自分自身の内面にじっと向き合っているような感覚に襲われる。

富山県美術館 たいめい軒
というわけで昼飯は館内3F、やたら色黒なシェフwで有名な日本橋たいめいけんのオムライス。お昼どきは行列でしたが、確かに美味かったです。
スポンサーサイト
工芸・アート・デザイン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示