かもめ児童合唱団 にハマる

2017/02/28 Tue 19:34

2017年も2ヶ月が経とうとしてる今頃になって言うのも何ですが、去年2016年に聴いた音楽で一番良かったのは何だろな~、といろいろ考えてみたところ、一番かどうかはともかく真っ先に思い浮かんだのが、日頃お世話になっているKさんに教えてもらった かもめ児童合唱団

かもめ児童合唱団は、三浦半島最南端の神奈川県三浦市三崎の子供たちの合唱団で、今のところアルバムは「焼いた魚の晩ごはん」(2010年)と「インターネットブルース」(2016年)の2枚が出ています。

何がそんなに良かったかというと、これはまあ第1に選曲の妙ということになるんでしょうか? 上記のアルバム2枚を昨年まとめて聴いたんですが、いきなり「焼いた魚の晩ごはん」1曲目の大塚まさじの「うた」からすっかりヤられてしまいました。何しろ、年端もいかない、いたいけな子供の声で「くたばってもいい~死んでもいい~」とか歌われると、こっちはもうどうしていいかわからない。(笑)

全体的に、カバーもオリジナルも普通は子供が歌うような歌ではない選曲がなされていて、この微妙な違和感がたまらん魅力になってます。おそらく歌詞の意味はさほど理解してなさそうな?子供たちの声で歌われることで、逆にその歌の深さがダイレクトに心に響いてくるような、逆説的な力が生まれていると感じました。

オリジナル曲の風刺の効いた歌詞も面白いし、カバー曲では「うた」の他にも、坂本慎太郎のブラックな「あなたもロボットになれる」とか、西岡恭蔵の「自転車に乗って」、ミルトン・ナシメントの「トラベシア」、スピッツの「田舎の生活」とか、ホント素晴らしい。



曲のアレンジも多彩でバックの演奏もよく練られていて、間奏のギターソロなんかもめちゃめちゃカッコ良かったりしてます。ひょっとしたら人によってはあざといとか思う人もいるのかもしれないけど、私は素直に楽しめました。プロデューサーは藤沢宏光さんなんですが、この方は相当なキレ者なんじゃないかと..。

つい先日公開された新しいビデオでは、ジェーン・バーキンの"Ex-Fan De Sixties"をレゲエでカバーしてますが、これまたイイすね〜。(そういえばこの曲を作ったセルジュ・ゲンスブールのレゲエのアルバムも、そのダブアルバムもすごく良かった。)そんなわけで、新しいアルバムも非常に楽しみ。

スポンサーサイト
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示