福田尚代さんの回文と美術

2017/01/19 Thu 17:30

最近、福田尚代さんという美術家がとても気になってます。
昨年11月に出版された「ひかり埃のきみ」という作品集には、美術の他に福田さんが取り組んでいる回文も収録されているそうなんですが、新聞やネット記事にいくつか載っていたのを紹介すると、

「仮名の実 詩の石 またたく芥 たましいの染みの中」

「遠く闇の音 星の下 私の死 骨のみ焼く音」

「抱いていた卵 対だったがしぼみ 星がたった一個またたいていた」


..うーん、素晴らしい。回文であるという制約を軽やかに(実際は大変な苦労をされてるんでしょうけど)、鮮やかに打ち破って、想像力を強烈に刺激されるイメージ豊かな言葉として美しく結実させていて、わ~凄いな~、とつくづく感心してしまいました。長いものでは300字を超えるものもあるそうで、一体どうすればそんなものが作れるんだろう?と..。

ちょっと調べてみたら、何と金沢の山鬼文庫で昨年11月21日まで福田さんの個展が開かれていたそうで、あちゃ~もっと早く知ってたら見に行ったのにな~、と今非常に悔しい思いをしています。

実際の展示は見ていないので確かなことは言えませんが、Webで見た福田さんの作品は、本や原稿用紙、消しゴムなどの素材を繊細に加工して構成した、工芸的で、なんだか静かに独りごとを言っているみたいな、まさに見る詩のような印象。

原稿用紙をくり抜いた作品は、昨年21世紀美術館の「コレクション展2|ダイアリー」で見てその中で一番気に入った、セシル・アンドリュの「定時課」(本の文字を白く塗りつぶした作品)と似ているな~、とも思いました。と思っていたら、やはりこの両者を結びつけている21美の学芸員の方のレポートもあり。でも実際の印象はかなり違ってると書いてあるな..。

というわけで、福田さんの作品もいつか見られたらいいなと思いつつ、今「ひかり埃のきみ」が届くのを楽しみに待ってるところ。
スポンサーサイト
工芸・アート・デザイン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示