フランスへ行く その12

2016/09/22 Thu 09:22

サン・マルタン運河〜ラ・ヴィレット貯水池から市中心部へ戻り、
日本料理の店が多く集まるサンタンヌ通りへやってきました。
寿司、そば、ラーメン、丼、お好み焼き..などいろいろ揃ってます。
実際に日本人がやっている店は割と少ないそうですが。

ここで昨日モンパルナスの京や(KIOYA)のニシハラさんから聞いた、
期間限定で開設されている"Wonder500"という日本の工芸品のお店に行ってみました。
スタッフの細川さんという若い女性の方にいろいろとお話を伺い、
パリの高級な日本食レストランではどんな器が使われてるのか?興味があったので、
細川さんに手配していただいて日本人が経営している近くのお寿司屋さんの
お店を後でちょっと見せてもらうことになりました。
ほんとはそこで食事もしたかったんですが、残念ながら予約でいっぱいとのことで、
ランチ時間の閉店後にお邪魔することに。
(細川さん、その節はいろいろとありがとうございました!)

ということで約束の時間までまだ間があったので、
じゃあ昼飯どこで食おうかね〜、とか何とか言いながらその辺りをぶらぶら。

パッサージュ・ショワズール
市内にいくつかあるパッサージュ(ガラス屋根のアーケード街)のひとつ、
パッサージュ・ショワズール。ちょうど昼飯時で、そこかしこからいい匂いが..。

パッサージュ・ショワズール
パッサージュの中のとあるスペースで、日本からたくさんの作り手が集まって
手工芸品の展示即売会?みたいなイベントを開催中。漆器も売ってます。
中に入ると狭い会場内にお客さんが一杯で、活気にあふれてます。

ここでびっくりしたのが、出品者として来ていた日本人の女性の方が声をかけてきて、
6日前パリに着いた日に空港から市内へ向かうロワシーバスで一緒だった、とのこと。
そういえばあのとき乗り場にいた日本人の男性の方に切符売り場の場所を尋ねたんですが、
その方の奥さんなんだそうです。こんなところでまた会うなんてびっくり。
と言いつつ、私の場合以前からよく旅行中にこういうことがあったな。何でかな..?


ビストロ
昼飯は”9月4日通り”という名の通りにあるビストロで。
何で9月4日なのか?というと、ナポレオン3世が廃位して第三共和政が始まった
1870年9月4日を記念して命名されたんだそうです。

9月4日通り
店の向かいに"AKITA"という名の日本料理店がありました。
ちなみに海外で"AKITA"というとほとんど秋田犬のことらしいです。

Quatre-Septembre
メトロのQuatre-Septembre駅。
エクトル・ギマールによるアール・ヌーヴォーのデザイン。

昼食後、約束していた寿司屋さん、Sushi Bさんに行って、日頃お店で使っている器などを
いろいろと見せていただき、お話を伺いました。
器は全て日本から持ってきたものだそうで、オーソドックスな陶器がメインでしたが、
きれいな朱塗の片口(象彦製?)などもあります。
漆器はスタッフが扱いに慣れてないのと、傷んだときにここではすぐに対処できないので、
ということで、残念ながらあまり使ってないとのことでした。
Sushi Bの皆様、お忙しい中お相手してくださってありがとうございました。


ルヴォア公園
Sushi Bさん近くのルヴォア公園


ということで明日はもう午前中から空港へ行って帰るだけなので、
この後は百貨店に寄って土産を買い、早めにホテルに戻って荷物をまとめ、
夜はジャズクラブに繰り出すことに決定。

オペラ通り
帰り道、オペラ座正面から伸びるオペラ通り。

ヴァンドーム広場
ここはヴァンドーム広場。広場に面した1階はほとんどブランドショップです。

ヴァンドーム広場
ヴァンドーム広場の塔の真下でジャガーが湯気を吐いて故障中。

ギャラリー・ラファイエットのドーム天井
百貨店のギャラリー・ラファイエットに寄ってお土産をいろいろ購入。
ここのガラスのドーム天井が結構見事です。
ところでお土産にハンカチでも、と思ってたんですが、売り場の人に聞いたところ
フランスではハンカチというものをほとんど使わないそうで、全く売ってませんでした。



お土産を大体揃えてホテルに戻り一休み、荷造りを済ませた後
再び街に出てメトロでシテ島近く、左岸のサン・ミッシェル広場へ来ました。

サン・ミシェルの噴水
サン・ミッシェルの噴水。ここの広場はいい感じの待ち合わせスポット。
ラジカセででかい音を鳴らして踊ってるHip Hop系の兄ちゃん達もいます。

グラン・オギュスタン通り
夕暮れの道の向こうにノートルダム大聖堂

レクリューズ
最後の晩飯はセーヌ左岸のワインバー、”L'Ecluse”へ。
大体ワインバーでのつまみは、チーズとシャルキュトリー
(ハムやソーセージなど食肉加工品全般のこと)の組み合わせが定番です。
この店はボルドー推しで、右奥の板に載っているブルーチーズ(ロックフォール)
+セロリを刻んだのに蜂蜜をつけて食べる、というのがなかなか新鮮な味わいで、
すっかりブルーチーズ好きになり帰国後も何度か自宅でやってみてます。

グラン・オギュスタン通り
あたりも暗くなり、ノートルダムもきれいにライトアップされてます。

すぐ近くの繁華街のユシェット通りへやって来ました。

ユシェット通り

この通りにある1946年オープンのパリで最も古いというジャズクラブ、
”カヴォー・ド・ラ・ユシェット”へ。
Webではここはパリで初めてジャズが演奏された場所、と書いてあるところもあるんだけど、
'46年オープンならまあモダン・ジャズがっていう意味なんかな?
いずれにしろ、かつてはライオネル・ハンプトン、カウント・ベイシー、
アート・ブレイキー..といった錚々たる面々がここで演奏した歴史あるジャズクラブです。

その名の通り、お店は地下を丸くくり抜いた洞窟みたいなところ。
1階のカウンターで注文した飲み物を持って地下に降りるというシステムです。
チャージ15ユーロ、カクテルが12ユーロでした。

この日出演していたのは、残念ながらグループ名は失念しましたが、
'50~'60'sぽいオールドスタイルのJazz~R&B系の音を聴かせるバンドで、
ピアノ、ベース、ドラムスの他はフロントにアルトとトランペットという5人編成。
正直そんな特別に上手いとかハイレベルだとかは思わなかったんですが、
この辺の音はもともと非常に好きなんで、演奏は結構楽しめました。
お客の年齢層は割と高めでしたが、ステージ前のフロアで踊るカップルも多数、
レトロな雰囲気でいい音楽に浸って気分良く過すことができました。

Le Caveau de la Huchette
お店の中はこんな感じ。
この日は金曜の夜、結構混んでて奥の方しか座れず。

Le Caveau de la Huchette
盛り上がってきてみんな楽しそうに踊ってます。

というわけでパリ最後の夜はジャズとともに更けていく...
店を出たのは深夜1時過ぎ、メトロも終わってるのでタクシーでホテルへ。
真夜中でしたがパリの街はどこも人も車もたくさん出てます。
スポンサーサイト
| コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示