フランスへ行く その9

2016/08/26 Fri 19:06

この日はまずはヴェルサイユ宮殿へ。
ヴェルサイユは直線距離でパリ中心部から南西へ約15kmほど。
サン・ラザール駅からフランス国鉄SNCFの普通列車、Transilienで行きました。
切符は自動券売機で買おうとしたけど結構ややこしくて、結局窓口で購入。
ところでフランスの国鉄には改札というものがなくて、
切符をホームにある刻印機に差し込んで自分で日付を刻印するシステムです。

列車で移動中に、”3人の子供を抱えてるけど仕事がなくて暮らしていけない...”
といったことが書かれたカードを乗客に配っていき、戻ってきて
カードを回収するときにお金をもらう、というやり方の物乞いが回っていました。
壮年の男の人でしたが、外国人の我々はあまり眼中になさそう。


普通列車で30~40分ほどでヴェルサイユ・リヴ・ドロワト駅へ着。

ヴェルサイユ
ヴェルサイユの街。
通り沿いに美味しそうなデリのお店などがちょこちょこあります。


15分ほど歩いてヴェルサイユ宮殿へ到着。やっぱここも広い〜。

ヴェルサイユ宮殿


ヴェルサイユ宮殿
観光バスがたくさん。観光地ではどこでもアフリカ系の人たちが
エッフェル塔の置物などの土産物をいっぱい持って、一生懸命セールスしてきます。
しかしこんな品物、と言ったら失礼だけど、1日いくつ売れるんだろうか..?

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿

しばらく列に並んで入場し、順路に沿って1室ずつ見学していきました。
ここでは無料でオーディオガイドを借りられます。日本語もあり。
一部の部屋はよくあるような資料館的な感じになっていて、
ビデオやCGで宮殿や王家の歴史などを紹介する部屋もあります。

というわけで宮殿内をくまなく見て回りましたが、
大体想像していた通りとはいうものの、何もかもがこれでもかというくらいの豪華絢爛、
コテコテの装飾の連続で、見てるうちにだんだんお腹いっぱいに..。

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿

王家の人々の華やかな暮らしを想像してみようとしたけど、貧民にはなかなか難しい。w
革命が起きるのも無理ないか、と思ってみたり。

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿
天井画はどこも見事でした。縁の部分はだまし絵風になってます。

ヴェルサイユ宮殿
ここが有名な「鏡の間」


ヴェルサイユ宮殿は建物もいいけど庭園が素晴らしい、という話だったんで、
宮殿を見学した後は背後の広大な庭園に向かいましたが、残念ながらこの日は雨模様。
プチトランという庭園内を巡回する小さなバスにも乗ってみましたが、
雨が結構ひどくなってきたんで、庭園の方はあきらめて早めに帰途につきました。
連日の疲れもだいぶたまってきてたし。

なので建物近くから撮った庭園のスナップを2枚ほど。
天気が良ければな〜。残念。

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿




ヴェルサイユ
帰り道、宮殿正面から伸びるパリ通り。美しい並木道です。

ヴェルサイユ
こちらはヴェルサイユ市庁舎

ヴェルサイユ・シャンティエ駅
ヴェルサイユ・シャンティエ駅前で1枚。
帰りはこの駅から普通列車でパリのモンパルナス駅へ向かいました。
ヴェルサイユに来る人たちはやっぱ団体バスが多いのかな?
この駅では観光客っぽい人はほとんど見かけず、
どんよりした天気のせいもあるんだろうけど、
華やかなヴェルサイユ宮殿とはだいぶ雰囲気が違う郊外の日常といった感じ。

スポンサーサイト
| コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示