フランスへ行く その5

2016/07/31 Sun 13:00

若い頃からどちらかというとゴチャゴチャしたアジアやイスラム圏の方に興味があって、
ヨーロッパの国に来たのは今回が初めてです。
ヨーロッパを訪れたいと思ったきっかけは3年ほど前、
丹下健三の東京カテドラル聖マリア大聖堂を見に行ってその内部空間に感激し、
これは是非とも古くから残るゴシックの大聖堂をこの目で見て体感したい、
と思ったのが今回の旅の一つの動機でもあります。

というわけでようやく念願叶ってノートルダム大聖堂へやってきました。

notre dame de paris

ちょうどユーロ2016開催中のせいもあるのか、観光客が多くて入口の前には長い行列。
列の脇には物乞いの女性が紙コップを置いて下を向いてじっと座っています。
パリでは思いのほか各所で物乞いの姿をよく見かけました。
印象としてはスカーフをかぶったイスラム系?の女性の方が多かったです。

notre dame de paris

notre dame de paris

12世紀後半のゴシック様式発祥の地は、ここパリを中心としたイル・ド・フランス地域。
というわけで、このパリのノートルダム大聖堂はまさにゴシック発祥の地の
ど真ん中に建つ大聖堂といえますね。
帰国後にゴシックについてもっと知りたいと思いいくつか本を読んでますが、
フランスにはここパリ以外にもゴシックの名作があちこちにあり、
これはいつかまたフランスを再訪して見て回りたいな〜、などと
夢のようなことを思ってる次第。まあ実現できるかどうかはわかりませんけど。

notre dame de paris

notre dame de paris

内部は天井が高く、圧倒されるような壮大なスケールです。
神秘的な光の演出とも相まって、
中世の人々に神の存在を実感させるのに十分な力を持っているように感じました。

notre dame de paris

notre dame de paris

notre dame de paris

映画や文学なんかで植え込まれた中世のイメージっていうのはあるけど、
時代も宗教もまるで違う大昔の人たちの感じていたことを想像するのは難しいですね。
といいつつも、人々のざわめきが柔らかく反響する堂内にじっと座っていると、
中世ここに集った人々は、こんな空間に包まれて一体どんなことを
思ってたんだろうか..?と、考えずにはいられませんでした。
ふと、人間の本質は変わらないものなのかな、という気もしてきたり..。

notre dame de paris
足下の石もいい感じに磨かれてます

notre dame de paris

notre dame de paris


大聖堂の中には無料で入れますが、塔に登るのには入場料が要ります。
登るには一旦外に出て側面の専用の入口から入るのですが、
外に出てみると順番待ちのとんでもなく長い行列ができてました。
私も是非登りたかったんでしばらく並んでみたんですが、
15分ほど経っても列は1ミリも動かず..。
残念ながら諦めて、外観をあちこち眺めながら帰りました。

notre dame de paris

notre dame de paris
ガーゴイル。怪物を形どった彫刻で、雨樋を兼ねてます。

notre dame de paris

名残惜しいですがノートルダム大聖堂を後にして、
セーヌ川を渡り、とりあえずこの後はサン・ジェルマン界隈へ。
スポンサーサイト
| コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示