フランスへ行く その4

2016/07/23 Sat 19:54

フランス旅行のことを書いている途中に、ニースでまた大きなテロが。
本当に痛ましく、腹立たしい。
近年、世界が危うい坂をどんどん転げ落ちていってるようで正直恐いです。
第2次大戦前の雰囲気と似てるという話もあるし。
人間は何度も同じ過ちを繰り返していくんだろうか..?


…でも気を取り直して旅行記の続き。
今日からパリ市内をいろいろ回ります。
サンラザール駅
サン・ラザール駅。大体いつもここを起点にメトロで移動しました。

メトロを降りてセーヌ川を渡り、まさにパリの中心、パリ発祥の地であるシテ島へ行きます。

コンシェルジュリー
川向こうにコンシェルジュリー。
中にマリー・アントワネットが処刑される前に過ごしていた独房があります。

セーヌ川
向こうの橋はポン=ヌフ、”新しい橋”という名のパリで一番古い橋。


まずはサント・シャペルへ。
聖遺物を納めるためにルイ9世が命じて建てたもので、1248年に完成。
聖遺物とはキリストやマリア、聖人たちの遺骸や遺品、身につけていたものなどのことで、
中世の頃は建築よりも聖遺物の方が遥かに高価だったそうです。
なので、この建物は巨大な宝箱のようなものかな。
まあ何にしろ、内装も含めてここのステンドグラスの美しさは絶品です。
なので写真をだーっと..。

サントシャペル

サントシャペル

サントシャペル

サントシャペル

サントシャペル

サントシャペル

サントシャペル

サントシャペル

サントシャペル

サントシャペル

サントシャペル


サントシャペル
美しいステンドグラス、外の窓はこんな感じ。


サント・シャペルをじっくり鑑賞した後、シテ島をぶらぶら散策しました。

シテ島

シテ島

シテ島


ノートルダム大聖堂は後で見ることにして、橋を渡ってサン・ルイ島へも行ってみます。

サンルイ島
サン・ルイ島へ渡る橋の上でジャズバンドの演奏。
ジャンゴ・ラインハルトで有名な”マイナー・スイング”などを演ってました。

セーヌ川
右手奥はパリ市庁舎

セーヌ川
サン・ルイ島、セーヌ川のほとりの遊歩道へ降りてみました。
先週氾濫しそうになったそうですが、このときも確かに水量は多くて、歩道も一部冠水しているところあり。非常に雰囲気のいいい遊歩道で、デートなんかにはぴったりかと。我々はオッサン2人でしたけど。

クロックムッシュ
昼飯、サンルイ島のカフェで食べたクロックムッシュがやたらと美味。
ソースの味が決め手なんかな?友達のは卵の乗ったクロックマダム。
スポンサーサイト
| コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示