フランスへ行く その2

2016/07/07 Thu 20:51

フランス2日目はオプショナルツアーでモンサンミシェルへ。

集合場所へ向かう途中、早朝のパリ。
何気なく歩いている街路がときどきハッとするくらいキレイなのだ。
パリ


というわけで、バスでノルマンディ地方を走り一路モンサンミシェルへ..。
途中、ポン=レヴェックという町に立ち寄りました。
第2次大戦中のノルマンディ上陸作戦が行われた海岸からもすぐの町。

ポンレヴェック
右側の家のような建て方の家がたくさん。
ガイドさんによるとこの地方で多く見られる家の作り方だそうです。

ポンレヴェック

フランスではどこでもぶどうを育ててワインを作ってるのかと思ってましたが、
ノルマンディ地方ではぶどうではなくリンゴ栽培が盛んです。
なのでシードルと蒸留酒のカルヴァドスが名産品。
ちなみにカマンベールチーズの原産地、カマンベール村もこの近く。

ポンレヴェック
路上でアンティークの椅子を売ってました。

ポンレヴェック
果物屋さん。平べったい形をした桃とイチゴを買って食べてみました。
味は日本で食べるのと変わらず普通に美味しかったです。


というわけで休憩も終わりバスは緑豊かなノルマンディの田園地帯を走りに走り..
草原、というか牧草地(頭の黒い羊がたくさんいます)の向こうに
モンサンミシェルが見えてきました。お〜...
パリから360km(東京~名古屋くらい)、休憩を入れて約4時間半かかります。

モンサンミッシェル


モンサンミシェルへ直接車で乗り入れることはできません。
手前2kmくらいのところに駐車場とショップやレストランが集まったところがあって、
シャトルバス(もしくは馬車)で観光客をピストン輸送する仕組みです。
もちろん歩いても行けます。最近できたというボードウォーク(木製の歩道)があるので、
天気が良くて時間があったらのんびり歩いて行くのも楽しそう。


モンサンミシェルへ向かう前に、ここのレストランで名物のオムレツの昼食。
事前のネット情報では美味しくないとの声が多かったようですが、
シンプルな塩味でこれもまあ普通に美味しかったです。
でもでっかいプライパンで4人分くらい作ったのをお姉さんが取り分けてくれるんですが、
このお姉さんの分け方がまた非常にアバウトというかテキトーで、
私のオムレツが友達のよりかなり小さかったです。別にいいけどw
モンサンミッシェル
メレンゲがかかってオムレツ本体がよく見えません。
やっぱこだわる人はメール・プラールで食べるんかな?


モンサンミッシェル
ここのスーパーマーケットの前にシュールな牛の像...

スポンサーサイト
| コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示