最近FaceBook経由で見かけた言葉、
「知的であるかどうかは、五つの態度でわかる」

なるほどな〜、と思ったので引用します。

一つ目は、異なる意見に対する態度
知的な人は異なる意見を尊重するが、そうでない人は異なる意見を「自分への攻撃」とみなす

二つ目は、自分の知らないことに対する態度
知的な人は、わからないことがあることを喜び、怖れない。また、それについて学ぼうする。そうでない人はわからないことがあることを恥だと思う。その結果、それを隠し学ばない

三つ目は、人に物を教えるときの態度
知的な人は、教えるためには自分に「教える力」がなくてはいけない、と思っている。そうでない人は、教えるためには相手に「理解する力」がなくてはいけない、と思っている

四つ目は、知識に関する態度
知的な人は、損得抜きに知識を尊重する。そうでない人は、「何のために知識を得るのか」がはっきりしなければ知識を得ようとしない上、役に立たない知識を蔑視する

五つ目は、人を批判するときの態度
知的な人は、「相手の持っている知恵を高めるための批判」をする。そうでない人は、「相手の持っている知恵を貶めるための批判」をする。



これを読んで我が身を振り返ってみると、まるでできてないな〜、と反省..。
知的な人間になるには大変な努力が要りそうだけど、少しでも近づきたいものですね。

ソースはこちらのサイトです。
http://blog.tinect.jp/?p=16095

このサイトは最近初めて知りましたが、
これ以外にも含蓄のある記事がたくさんありますね。素晴らしいです。

スポンサーサイト
考えごと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示