百河豚美術館へ行く

2015/04/17 Fri 18:34

富山県は朝日町の百河豚美術館へ。「いっぷく美術館」 と読みます。
朝日町出身で大阪のふぐ料理の老舗「太政」の創業者、青柳政二さんが
自ら収集した美術品を展示するために建てた私設美術館。

百河豚美術館

百河豚美術館

北アルプスを望む広々とした田園の真ん中というすばらしいロケーション、
池に浮かぶようにして建つ方形屋根の建築も素敵。

ちなみに百河豚(いっぷく)とは青柳さんの号だそうです。
何でも青柳さんの体重が河豚100匹分だったから、ということなんですが、
河豚100匹って大体何キロぐらいなんだろう..?結構な巨体のような気もするけど。

百河豚美術館

百河豚美術館

収蔵品は日本とアジアの古美術、仏像、工芸、絵画などがメインで、
中でも野々村仁清のコレクションが非常に充実しています。

不動堂遺跡

美術館のすぐ横は不動堂遺跡という縄文時代中期の集落跡で、
住居がいくつか復元されています。

朝日町はもう新潟県の手前だし石川からだと結構遠いんですが、
ここまで来たらやっぱ名物のたら汁だな〜、ということで、
最近ケンミンショーでも取り上げられて話題のたら汁を食って帰りました。
久々に食ったけどやっぱ美味いっすね〜。
スポンサーサイト
能登・北陸 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 木瓜 | HOME | 桜 2015 »