夜の高岡市を歩く

2015/03/06 Fri 18:57

いつも珍しい貴重な漆芸品を見せてくれるUさん、
先日Uさんを地元高岡市にお訪ねして、地酒と富山湾の美味しい肴をご馳走になり、
楽しい一夜を過ごさせていただきました。

酔い覚ましにと、ぶらぶらと夜の高岡市内を散策。
高岡大仏の辺りや、重厚な土蔵造りや真壁造りの家並みが残る
山町筋などを案内していただきました。

高岡大仏

高岡大仏
高岡大仏。奈良、鎌倉に次いで日本三大大仏の一つ?…なんだそうです。
住宅街の真ん中に唐突に現れるという、なかなかのロケーションです。


高岡市内

高岡市内
道々、味のある建物が結構あります。

筏井家
こちらは山町筋にある富山県指定文化財、筏井家。
2階の扉が開けたときぴったりくっつくように設計されてます。

塩崎利平商店
角にあった計量器のお店、塩崎利平商店。土蔵造りと石造りが合体した面白い建築です。

能登から高岡へは金沢へ行くのとそう変わらない距離ですが、
これまでこうして街を見て歩く機会はなかなかなく、
改めて高岡も古い歴史を持つ魅力的な街なんだな~と確認。
今度は昼間来てまたじっくり散策してみようかと。
Uさん、先日はどうもありがとうございました。

スポンサーサイト
能登・北陸 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示