フランスの新聞社の襲撃事件のあと、表現の自由だ、いや他宗教をバカにしすぎだ、と、いろんな意見が出ているようですが、個人的には以前からフランス人の言う「風刺」「ユーモア」というものには若干違和感を感じてました。他国や他民族、他宗教を小馬鹿にして感情を傷つけ、それを「表現の自由」とか「ユーモア」だとか言うのはほんとにアリなのか?..と。

以前福島の原発事故に絡めて3本脚の奇形の力士が相撲を取っていたり、サッカーの川島選手を千手観音みたいにした漫画があったけど、いやいやこれはユーモアですから、なんて言われても納得する日本人はあまりいないと思んだけどね。
ついでに言うと、日本人を描くときはあのル・モンド紙でさえ相変わらずのメガネに出っ歯、この大昔から何も変わらないステレオタイプな表現にはもういい加減うんざり..。

事件のあと、このシャルリー・エブドという新聞の漫画をいろいろ見てみたけど、それほど「ユーモア」は感じなかったな~。まあ笑いのセンスは世界各国で違うから、と言えばそれまでだけど、原発事故を茶化した漫画を見て日本人が不快に思うのと同じように、自分の信じている宗教を揶揄されたイスラム教徒が怒るのは無理もないし、挑発されたと感じてこういう過激な行動を起こす連中が出て来るのは十分予想できると思うんだけどね。もちろんテロや暴力を肯定する気は全くないですが。

でも一方では、強大な権力に対峙するにはお行儀の良いことをしていてもダメで、ある程度過激な表現に踏み込まないと効果がない、という意見も確かにそうだし、このへんのさじ加減が難しいところなのかな..。実際シャルリー・エブドは何もイスラム教だけを風刺していたわけじゃなくて、右翼も左翼も大統領も著名人も、カトリックもユダヤも、とにかくあらゆる権力や宗教をターゲットにしていたようです。作者も身の危険を承知の上で描き続けていたのなら、それはそれでアッパレと言えるかもしれない。
先述の日本の原発事故に関する漫画でも、事故の影響をなるべく無かったことにしたい日本政府への風刺と捉えれば十分うなずける。

なんだか書いているうちに、始めと逆の気分になってきたな..。
何でも自粛自粛のこの日本にも、「良識」ある人たちが眉をひそめるような、強烈な風刺メディアがあった方がいいのかも..。言いたいことが何も言えないような社会よりは、その方が遥かにいいよね。
何より守るべきは、表現の自由、言論の自由。それなりの節度も必要だと思うけど、このへんはやっぱり革命で王制を打ち破ってきた歴史を持つフランスに学ぶべきところかもしれないですね。ちょっとえげつないところも感じる国ではありますが。

それにしても、各国首脳が腕を組んで自由を守れ、って抗議デモに参加してたけど、あれはちょっと嘘くさいな〜。例えば、ずっとパレスチナ人の自由を奪って殺し続けているイスラエルの首相、あなたがそこにいるのはオカシイだろ、と思ってしまうんだけどね。

スポンサーサイト
世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示