珠洲市の法住寺を訪ねる

2014/10/30 Thu 18:51

珠洲市の結構な山奥にある吠木山 法住寺へ。
と言っても行ったのはもう2ヶ月以上前ですが。
カーナビの言う通りに小道に入っていったらそこはなぜか民家の庭で、
おばあちゃんが出てきて道を教えてくれました。

というわけでたどり着いたこの真言宗のお寺ですが、
創建は810年とかなり古く、空海の伝説がその開基の由来となっています。
その伝説とは…

空海は唐で修行して密教の伝承者として認められ、
師の恵果阿闍梨より三杵(独鈷杵・三鈷杵・五鈷杵の3つの金剛杵)を授けられました。
日本へ帰ろうとしたとき、空海を妬んだ唐の僧達が追ってきて三杵を奪い返そうとしたので、
空海は「日域の地、密教有縁の所に行きて我を待つべし」と言って
三杵を東の空に投げたところ、それらは遥か空高く飛んで日本海を越え、
三鈷杵は高野山の松の木へ、独鈷杵は佐渡の小比叡山の柳の木に、
そして五鈷杵がこの法住寺の桜の木に掛かった..とのこと。
弘法大師伝説は数多くありますが、この話はスケールが大きいですね。w

法住寺

山門は江戸期の建立、それほど大きくはないですが、
時代を経て古びた佇まいが美しいです。

法住寺

法住寺

山門の金剛力士像は享徳2年(1453年、室町時代)製作のもので、
作者は京仏師の院勝と院超の2人。
院勝は京都広隆寺の毘沙門天像を作った人といわれているそうです。
こちらもかなり古びていますが、力感に溢れていて、
仏師の気迫が伝わってくるような出来映えです。

法住寺

参道を登ったところに本堂や鐘楼、ご住職のご自宅があります。
庭で作業中だったご住職に少しお話を伺い、このお寺の栞を頂戴しました。

法住寺
参道をはさんで立つ杉の大木


法住寺

ぶらぶらしてたらご住職が飼っている?黒犬が駆け寄ってきました。
撫でようとしたらさっと身をかわして逃げ、でもまたじわじわと寄ってくる、
んでまた愛想してやろうとすると離れる、という感じで、
遊びたいんだけどちょっと人見知り、みたいな犬でなかなかカワイかったです。
結局帰るまでずっと、つかず離れず後についてきました。

法住寺

この法住寺は、12世紀末から室町初期には七堂伽藍を備え60以上のお堂が立ち並び、
能登随一の霊場として非常に栄えていたそうです。
この日はあいにくの小雨でほとんど人影もなく、
この静かな山寺という風情からはそんな往時の隆盛はなかなか想像できず..。
800年前のこととはいえ、人の世の移り変わりは儚いものだな、と。

法住寺

スポンサーサイト
能登・北陸 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示