”北のまほろばを行く-百年桜セッション-”の余韻を引きずりつつ、次に向かったのは屋根付きのHANAGASA(花笠)。
さっきまでとはまるで雰囲気の違う、浅井健一の新プロジェクト ROMEO's blood
全く音源も発表されていない新しいバンドということで、ベンジーさんはギターではなくベース。この人も存在自体がロックを体現してるようでカッコいい人だよね~。何か近寄り難い雰囲気もあるけど。
が、今回ちょっと都合により後半のごく一部しか見られなかった..。残念。
このライブは「映像と音の祭」ということで、バックに古い映画のような想像力をかき立てる美しい映像が流され、空間的な演出も見事。音の方も昔から変わらず切れ味鋭く、ダークで激しくて攻撃的でした。全部見られれば良かったんだけど..。

最後は同じステージで Night with Lou Reed - Wild Side of ARABAKI
昨年10月に亡くなったルー・リードへのトリビュートライブ、8人のボーカリストが1曲ずつルー・リードの代表曲を歌う。
バックバンドのドラムスにはルースターズの池畑さんがいる。そういえばルースターズは今オリジナルメンバーで活動してるらしいけど、大江さんはもう完全復活したんだろうか?

8人のうちでダントツに存在感を放っていたのが、あがた森魚さん。年齢もこの中で一人ダントツだと思うけど、にこやかに登場して”Satellite of Love”に唯一日本語の歌詞をつけて、気迫に満ちた歌をぶちかまし、たった1曲で明らかに会場の雰囲気を少し変えて、またにこやかに去って行った。いやーすごい。
他には後藤まりこさんのエキセントリックな"I Can't Stand It"も面白かったし、期待の町田康さんはクールに登場し、"Run Run Run"をサビのとこだけ何かニヤニヤしながら、ちょっと軽く寄って歌ってくよ、みたいな感じで歌っていった。最後は夕刻の"北のまほろば~”でもすばらしい演奏を聴かせてくれた山口洋さんの"Walk On The Wild Side"で締め、アンコールはなしでした。

これでこの日のライブは全て終了、すっかり暗くなった広い会場の長い帰り道をだらだら歩いて、また仙台駅前行きのバスを待つ長い列に並んで、連れと感想を語りつつバスに揺られて帰路に..。

というわけで初めてのフェスは無事に終了。明日も見られる人がうらやましいな。
でも今回はほんと天気に恵まれて、終始気持ちよかった。行く前の準備や何かはちょっと面倒だし行くのも時間がかかるけど、フェスっていうのもなかなか楽しいもんですね。
また面白そうなフェスがあったらぜひ行きたいもんです。

アラバキ 荒吐
帰り道。長い..。

アラバキ 荒吐

アラバキ 荒吐
あちこちにアートも展示されてます。

アラバキ 荒吐
会場のある川崎町のゆるキャラ、チョコえもん。
日本人で初めてチョコレートを食べたという支倉常長にちなんでるそうな。
ベースがかなり上手いらしい。w

スポンサーサイト
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示