ARABAKI ROCK FEST. エコキャンプみちのく 2014.4.26

宮城県まで飛んでアラバキ (荒吐)ROCK FEST.へ..。
これだけでかいフェスを見に行くのは初めて。せっかく遠出するなら2日間とも見たいとこだったけど、行くと決めたのが遅かったんで残念ながら2日目は売り切れ、やむなく初日の26日のみ参加。

会場の エコキャンプみちのく は奥羽山脈にも近い風光明媚な湖畔の広大なキャンプ場。
行く前の情報では例年夜は寒くて大変だと聞いていたけど、この日はぽかぽか陽気の快晴で最高の天気、夜もそれほど冷え込まなかったんで、終始気持ちよくライブを楽しめました。
乾燥してたんで土埃はひどかったけど。

仙台駅前でシャトルバスを待つ長蛇の列に並んで待つこと約1時間。
会場までも約1時間の車窓の旅、湖や山野の風景が美しいです。

アラバキ 荒吐

午後1時過ぎに着いてまず向かったのがHASEKURA Revolutionというステージ、
浜崎貴司×高野寛×おおはた雄一の3人によるコラボ。
草むらに座ってのんびりと、3人の持ち歌+αがいい感じで青空に広がり、ゆるーくいい気分でフェスのスタートを切れました。
おおはたさんはその心地良すぎるギターと声が数年前からすっかり気に入ってて、金沢でのライブにも2度行ったことがあります。
浜崎さんと高野さんは特に追っかけてたわけじゃないんで有名な曲くらいしか知らないんだけど、それにしても3人ともほんといい声でいい歌歌うわ~。
ギターもメチャクチャ上手いし。当たり前か。
何というか、キャリアと実力のある本物のプロの歌、って感じだな〜。
浜崎さんによる小保方さんのモノマネwもあり..。それから高野さんのトリビュートアルバムが今年出るそうです。おおはたさんも今年はこまめに全国を回るって言ってたんで、近くへ来たらまた聴きに行きたいな。
最後は思いもよらぬ沢田研二の”勝手にしやがれ”で締め。

アラバキ 荒吐
美味そうなフェス飯のブースもたくさん出てます

フェス飯というかスナックで少し腹ごしらえして、その後一番奥の一番でかいステージ、陸奥(MICHINOKU)へ向かう。それにしても広いなここは。端から端まで歩いて約30分、一部道が細くて渋滞もしてるし。でも今ちょうど桜も咲いててきれいなんで、ぶらぶら歩くのも楽しい。
途中通りかかったステージでは今FM石川でもヘビロテされてるゲスの極み乙女。が演奏中。うわー盛り上がってるな〜。

アラバキ 荒吐

というわけでてくてく歩いて見に行ったのは、THE BAWDIES
着いた頃にはもう観客ぎっしりで後ろの方だったけど、”Soul Man”のSEで一気に気分が上がって始まったライブは若さ一杯、さすが今乗りに乗ってる勢いを感じさせる大盛り上がり、楽しさ最高でした。
ブラックミュージック好きの自分としてはこの手のソウルテイストのロックンロールは本当にツボ。一本調子と言えばそうなんだけど、まあ時間の限られたフェスだしこれでOK、最初から最後まで一気に突っ走る約45分の熱いステージに、否応無しに体も動いて気分もハイに。
前の方ではみんなモッシュするんで土埃がもうもうと立ち上り…。
それにしてもボーカル+ベースのROY君、あんな可愛い顔(失礼!)して良くあんな声で歌えるもんだな~ホントに。素晴らしい。
途中のMCで「(メンバーの)TAXMANの実家が肉屋なんだけど、そこのソーセージは粗挽き?いえ、アラバキです!」という脱力ギャグ、でもライブの終わりにTAXMAN「言っときますけどうち肉屋じゃないです」とのオチでめでたく終了w。
曲もいいし、この先も楽しみないいバンドだな。

アラバキ 荒吐
キャンプしてる人もたくさん

ところで連れはこの時間帯 THE GROOVERS+土屋公平 を見に行ってたそうで、こちらもメチャクチャ良かったと言ってました。蘭丸さんはスライダーズや麗蘭でおなじみなんだけど、THE GROOVERSは全然聴いたことがなかったんで帰ってからYoutubeでいくつか見てみたら、確かにギターもやたらキレがあってリフなんかも非常にカッコいいっすね。
今度そのTHE GROOVERSの藤井さんのライブにチャボさんも出るみたい。こんな風に知らなかったアーティストに出会えるのもフェスの楽しみなんだろうね。チャンスがあったら見に行ってみたいもんです。
次回へ続く)

スポンサーサイト
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示