ウィルコ・ジョンソン

2014/03/28 Fri 21:19

レコードコレクターズ4月号でウィルコ・ジョンソンが特集されてますね。
学生のとき、遊びで最初に始めたバンドのお手本はドクター・フィールグッドでした。
当時友達が持っていたライブアルバムの”Stupidity”をよく聴いてて、
その中にも入ってる"She Does It Right"や"Walking The Dog"なんかを練習してました。
この手のロックが大体みんな好きで、見た目も渋くてカッコ良かったし、
曲も編成もシンプルで何か簡単に真似できそう、みたいな感じ?だったのかなあ、その頃は。
でも実はこんなノリを出すのが非常に難しいんだけど。

というわけで久々に”Stupidity”その他を聴いてるんですが、
いや~やっぱりウィルコのギター、もうほんとにカッコいいっすね~。
この鬼のようなカッティング…w、最高です。
レコードコレクターズでは遠藤誠さんがウィルコの奏法の解説をしてくれてますが、
これも非常に面白いです。
それにしてもピックを使わないでよくあんな鋭い音を出せるものだと。

学生時代の85,6年頃〜だったか?ウィルコの来日公演も2,3度行ったことがあります。
ライブももちろん大盛り上がりで最高でした。確かその頃はトリオだったように思うけど、
テレキャスターのガチガチのソリッドな音の塊が今も耳に残ってます。
余談だけど、確かウィルコのライブで遠藤ミチロウさんを見かけたこともあったような..。

悲しいことにウィルコは昨年1月に末期の膵臓がんであることを公表してて、
でも延命治療は行わず最期まで活動を続ける意向だそう。
そんな中で先週行われた来日公演は、
病状を微塵も感じさせないくらいすばらしいものだったようです。
何度も日本に来てるウィルコだけど、
ひょっとしてこれが最後の来日?になってしまうのかなあ..。
でもがん公表の時点では余命数ヶ月と言われてたけど、
それからもう1年以上もがんばってくれてるんですね。
ロジャー・ダルトリーと組んだ新作も出たばかりで、
とりあえずこの間ラジオで1曲聴いただけだけど、
ほんと笑っちゃうくらい昔と何も変わらないカッコ良すぎるギターが炸裂してて、
聴いてるとがんなんかどこかにぶっ飛ばしてしまいそうなんだけどなあ..。
いずれ天に召される日が遠からずやってくるのかもしれないけど、
1日でも長く元気であの唯一無比のギターを聴かせてほしいですね。

スポンサーサイト
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示