金沢21世紀美術館で8月29日まで開催中の「第2回金沢工芸トリエンナーレ」
今回は「工芸におけるリージョナルなもの」というテーマで、
日本・台湾・アメリカのニューメキシコ州・オーストラリアの先住民の
4つの地域の工芸、アートを紹介しています。

展示作品の中で強く印象に残ったのが、橋本雅也さんの彫刻。
鹿の角や骨から彫り出したという繊細な草花の数々には、
今まで感じたことのない、乾いた硬質な美しさを感じました。
光が透けるほど薄く、ちょっと触れただけで壊れてしまいそうな、危うい質感です。
しなやかに、色とりどりに咲き誇っていたはずの花々が、
今はその形は保ったまま固くこわばって白一色の中に沈黙している..。
まるで生きている草花をそのまま火葬して骨にしてしまったような、
強烈な「死」のイメージが漂ってきます。
それはまた、時が止まったような永遠性も同時に感じさせます。
この作品は21美のモダンな展示室で見ても十分良かったですが、
できれば古い民家や廃屋なんかの薄暗い室内のようなところに置いてみたら、
更に違った表情を見せてくれるかもしれません。

あと印象的だったのはCHICARA NAGATAさんのバイク。
もともとバイクというモノは機能美を極めたように美しいものがたくさんありますが、
このバイクはさらにその美しさを極限まで追求していて、
いつまでも眺めていたいと思わせるほど魅力的でした。
タイヤ以外は全ての部品が手作りだというこのバイク、
最初見たときは実際に走るとは思わなかったのですが、全て実際に走れるんだそうです。
私はバイク乗りではないんですが、これを眺めていると
何だか血が騒いで自分もスピード狂になってしまいそう。

他の展示作品では、オーストラリア先住民の民芸品で、
草で編んだ太陽のような敷物も非常に美しかったですね。
柳宗悦もこれを見たら結構気に入るんじゃないでしょうか。
同じ素材と手法のランプシェードも良かったし。

というわけでこの日は同じ21美で9月1日まで開催中の「内蔵感覚」も見たんですが、
こちらも非常に面白かったんでまたそのうち感想でも。

スポンサーサイト
工芸・アート・デザイン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示