RIP クラレンス・クレモンズ

2011/06/19 Sun 20:19

とても悲しいことに、クラレンス・クレモンズが亡くなってしまった。
一時は快方に向かっているという情報も入ってきていたし、
タフな彼のことだからきっと元気に回復してくれると思っていたので、残念でならない。
それに、一番の相棒を失ってしまったブルースの胸中は如何ばかりかと、こちらも心配だ。

今は数多くの名演が次々と頭の中に浮かんできては鳴っている。
いつもここ一番で豪快なフレーズを決めてくれる、
あのロックのカタルシスそのもののようなサックスを
もう彼はブロウすることがないのかと思うと、とても寂しい。

Eストリート・バンドのライブがあれほど楽しく、素晴らしい瞬間に満ち、
いつまでも心に残る最高のパフォーマンスを見せてくれたのも、
クラレンスが大黒柱のように存在していてくれたからこそだった。
そしてブルースとクラレンスのコンビほど、
お互いの信頼と永遠の友情を体現していたものはなかったように思う。

さようならBig Man。
たくさんのすばらしい音楽を聴かせてくれてありがとう。
どうか安らかに。

bruce_ and _clarence

スポンサーサイト
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示