おせっかいなメロディ

2013/05/24 Fri 19:00

輪島市では、毎日朝7時と正午と夕方6時の1日3回、市内各所に設置された防災無線用のスピーカーからメロディが流れるんですが、気のせいか最近前より音がでかくなったように感じてて、音も割れてるし正直言って結構ウルサイです..。

というわけでこれはずっと前から思ってることなんですが、このチャイムって必要なものなんですかね?何でお役所がこんな「騒音」を毎日毎日町中に響かせているのか?
防災無線のメンテナンスに毎日鳴らす必要でもあるんかな?いくら何でも毎日3回必要ってことはないと思うんだけど。(ちなみにこの防災無線の放送、肝心の話の内容はよく聞こえないときも結構あるんだよね~。)

幸い今の自宅はスピーカーからちょっと離れてるんで、まあそれほどの音量でもないんですが、スピーカーのすぐ目の前の家の人なんかは、アレうるさくないんですかね、ホントに?
さすがに今はやめたみたいですが、前は夜の9時か10時にも鳴ってましたね。
このチャイム放送が始まった頃にはスピーカーの割と近くに住んでたんで、夜に突然大音量の電子音でイエスタディか何かが流れ始めて、一体何が始まったのか?とマジでびっくりしましたけど。そういえばそんな時分に、道を歩いていたヨッパライがチャイムに向かって「うるせんだよバカヤロー!!」とか何とか叫んでるのを見たことがあるけど、このときばかりはこのヨッパライに共感してしまいました。

大体、生活サイクルもパターンも人それぞれ違うのに、何で毎日毎日お上が頭の上でガンガン音を鳴らして市民に時刻を知らせてくれにゃならんのか?小学校の時間割のチャイムじゃあるまいし。(最近はむしろ、チャイムを鳴らさない学校が増えてるそうですが)
見たくないものは目をそらすこともできるけど、音は防ぎようがないです。ほんと日本人ってこういうことには鈍感ですね。日本中どこへ出掛けても、滑稽でおせっかいなアナウンスであふれてるし..。昔からよく聞く言葉で、外国人のどなたが言ってたんだったかな?
「日本人ほど美に敏感な国民はいない、しかし日本人ほど醜さに鈍感な国民もいない」
というのがありましたが、まさに言い得て妙という感じです。

ついでに言うと、これも毎日夕方になると子供の声で、「子供は早く家に帰りましょう」みたいな放送が流れるんですが、これも何だかな~。一時期ここ輪島でも不審者の事件が頻発してたんで、一応対策してます、っていうことなんでしょうけど、これは犯罪防止に効果あるんかな?まあ文句ばっかり言ってても仕方ないし、じゃあお前は何か役に立つことしてんのか?とか言われると特に何もしてないんで、はい、そういう立場にある人たちがちゃんと真面目に仕事されているのは十分わかっております。(こんなことばっかり書いてると何か偏屈なオヤジみたいだな..)

それにしても、輪島市に限らず定時のメロディは日本中どこに行っても流れてるようですが、こういうことをしようという役所の発想っていうのは一体どこから来てるんでしょうね?
何か住民全員が同じ方向を向いていこう、みたいな圧迫感、息苦しさを感じます。お上に無理やり生活に干渉されてるような、というか..。これは極端な意見なんでしょうか?みんな声高には言わないまでも、私と同じように感じてる人も結構いるみたいですけど。

まあイスラム圏なんかに行くと、朝っぱらからモスクでコーランを大音量で流してたりもしますが、一応戦後の日本は(制度上は)近代的で民主的な市民社会ということになってるんだし、緊急時はともかく平時はあまりお節介はやめて、静かな暮らしを送らせてほしいんですけどね。

シャガ
ようやく穏やかな陽気になってきました。今シャガがきれいに咲いてます。

スポンサーサイト
世の中 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
うるさい日本の私
こんにちは。この件についてはやはりこの偏屈オヤジがレスポンスせねばと…。
あの時報チャイム 始まった頃に 結構がんばって あの手この手で個人的反対運動
(のつもり)をやりました。直接 市役所に電話も何度もしたりしました。
その甲斐あってか(自分だけの手柄でもないでしょうが)9時のだけは止まりました。
あと7時のも止めさせたいけど もう疲れましたワ。
そう言えば祭とかが近づくと、ナントカ節みたいのに変わるのも笑わせますね。
何かシャレた事やってるつもりですかね。
”輪島市民まつり”の時には、自衛隊ジェット機が轟音上げて飛び回る町ですからね。
おかげ様で沖縄や小松の人達の辛さを身をもって感じられますがね。
時報チャイムは与那国島に行った時も鳴ってましたね。
こんな端っこでも、と笑えて来ました。そういう国ですね、この国。

Re: うるさい日本の私
山川さん、コメントありがとうございます。
夜9時のチャイムは、映画でも観てたりしたら最悪でしたよね〜。アレはなくなってほんと助かってます。朝7時のも、夜働いて朝寝てる人もいるだろうになあ、といつも思ってるんですが。
時報チャイムは確かに子供の頃から私の郷里の町でも鳴ってたし、もう日本中みんなそんなもんだと思って気に留める人も少ないんでしょうが、よく考えると変な国ですよね。ほんとにそっとしておいて欲しいんですけどね〜。
ちなみに「うるさい日本の私」って中島義道さんの本のタイトルですね。自治体のチャイムの件では、呉智英さんも訴訟を起こしてました。
余計なお世話の日本と私
「うるさい日本の私」は続編も出てるようですね。
私は百歩譲って 12時と6時の時報は何とかスルー出来ます(勿論それも要らんものですが)。
だから7時と9時のを止めるように散々言って来て、さすがに夜9時のはどう考えても意味不明と
役人でさえ気づいたのでしょう。
7時のは今の所 それで起こされる事は殆どありませんが、夏に窓を開けてると それで起こされます。
そんな時はムカつきますね。7時に寝てる方がおかしいというつもりでしょうが、
個人の生活に干渉して来るな!という話ですよね。
検索してみたら全国でいろんな人が闘ってますね。
そりゃあ訴訟したいケースもあるでしょう。当然ですね。

Re: 余計なお世話の日本と私
中島さんは「戦う哲学者」と呼ばれてるらしいですね。w

夜は確かもっと昔はサイレンが鳴ってたような記憶もありますが、何でも火の元の注意喚起のために鳴らしてる、みたいな話は聞いたことがあります。はあ..。
何というか、全体的に子供扱いされてるような気がしてくるんですよね..。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示