Patti Smith in 金沢 @Eight Hall

2013/01/28 Mon 21:24

それにしても、まさか金沢でパティ・スミスのライブを観られる日が来るとは..。
しかしこれは夢ではありません。
というわけで、行ってきました、1月27日、金沢片町はEight Hall。
オールスタンディングなので、Eight Hallの入口には開場前から長い列が。

開演前のSEはルーツレゲエがゆったりと流れ、
フロアではスタッフの女性の方がずっと声を張り上げています。
何でもここで震災の募金をしてくれた方の中から、ライブの途中でパティが抽選し、
当たった人はステージに上がってパティにハグしてもらって、
「絆」の文字の入ったバスドラのヘッドをもらえるとのこと。いわゆるラッフルですね。
パティのハグとバスドラのヘッドは魅力的でしたが、
万一当たってステージに上がるのはちょっと..というわけで今回募金はパスしました。
すいません、募金は他のところでちゃんとやっております。
(ちなみにこの日は10万円集まったそうです。)

パティ・スミス金沢
開演前のステージ

6時きっかりにメンバーがステージに登場、初めて生で見るパティさん、
しかもこんな目の前で、ということでまずは感激。
パティも盟友レニー・ケイも66歳、”Horses”発表の75年からは38年…
その風貌は長い長い時の流れを感じさせます。

ライブは1stアルバム”Horses”からの"Kimberly"で淡々とスタート。
3曲目に震災の犠牲者に捧げる"Ghost Dance"、続いて”Fuji-san”
”Fuji-san”の合唱は今日がBest、とパティはにっこり。
パティさんは1曲終わるごとにマグカップを口に運んで喉を潤し、
終始笑顔を絶やさず、新旧の名曲を歌っていきます。
MCも「日本語が話せなくてごめんなさい」と前置きして、
ゆっくりとしたわかりやすい英語で語りかけてくれました。

感動的に歌い上げてくれた”We Three”など、
若い頃よく聴いた初期の曲の数々にはもちろん感激しましたが、
カムバック後の曲も最近の曲も非常にパワフルで聴かせてくれます。
「過去・現在・未来の全ての詩人に捧げる」"Beneath the Southern Cross"は、
この日の演奏の中でも最もエモーショナルで素晴らしいものでした。

その"Beneath the Southern Cross”のあと前述のラッフルの抽選、
2人の当選者はステージに上がるでもなく、フロアで普通に受け取ってました。
こんなことなら募金すればよかったかな。
その後レニー・ケイが歌うGarage Rock Medleyコーナー、
その中の”Born To Lose”、この曲は…えーと、あーJohnny Thundersか!と
久々にこの人のことも思い出しました。ほんと懐かしいっす。

そしてライブは終盤へ、”Because The Night”でやっぱり盛り上がり、
"Pissing The River"で更なる高みへ昇り、
本編のラストは"G-L-O-R-I-A"、Gloooooooooooria!!!!
じわじわボルテージが上がっていくこの曲は何度聴いても鳥肌、会場もヒートアップ。

そしてアンコール、今日は満月の日だったようで、
パティは日本語で「マンゲツ!」と何度も言っておどけたあと、
最新アルバムのタイトル曲”Banga”、みんなで犬の遠吠え。
そして"People Have The Power"を高らかに歌い上げて、これで終わりかと思ったら、
ななな何と、すごい勢いで”Rock N Roll Nigger”になだれ込み!!
もうNigaNigaNigaNigaNigaNigaNiga〜というわけでさらにフロアは興奮のるつぼに..。
最後は汗びっしょり、パティもギターの弦を引きちぎり、
ロックの激しい衝動を思い切り叩き付けてもらってライブは終わりました。

パティの声は66歳の今も艶があってほとんど衰えを感じず、
バンドが出す全ての音の上に君臨して支配しているような凄みがありました。
過激なパンクの女王から、いろんな苦難を経て何もかも包み込む大きな母のような存在に、
とでも表現すればいいんでしょうか?うまいこと言えませんが..。

それにしても、よくぞここ金沢まで来てやってくれました。
何というか、彼女らの音楽と一緒に自分自身の過去30年くらいの時間も
一気に目の前を通り過ぎていったような感覚を覚えました。
月並みな言い方ですが、ずっと生き続ける音楽の力みたいなものを確かに感じましたね。
パティさんもバンドもほんと最高でした。ありがとう。

パティ・スミス金沢
終演後、セットリストを何枚か配ってました。
運良くゲットしたお嬢さんに頼んで撮影させてもらいました。



この日のセットリストです。
(メドレーの曲名はここから引用させてもらいました)

Patti Smith And Her Band /Jan 27, 2013 /Kanazawa Eight Hall

1. Kimberly ("Horses" 1975)
2. April Fool ("Banga" 2012)
3. Ghost Dance ("Easter" 1978)
4. Fuji-san ("Banga" 2012)
5. Distant Fingers ("Radio Ethiopia" 1976)
6. Dancing Barefoot ("Wave" 1979)
7. We Three ("Easter" 1978)
8. Beneath the Southern Cross ("Gone Again" 1996)
(ラッフル抽選)
9. Medley
Night Time(The Strangeloves cover)
(We Ain't Got) Nothing Yet(The Blues Magoos cover)
Born to Lose(The Heartbreakers cover)
Pushin' Too Hard(The Seeds cover)
10. Redondo Beach ("Horses" 1975)
11. Because the Night ("Easter" 1978)
12. Pissing in a River ("Radio Ethiopia" 1976)
13. Gloria ("Horses" 1975)
Encore
14. Banga ("Banga" 2012)
15. People Have the Power ("Dream of Life" 1988)
16. Rock N Roll Nigger ("Easter" 1978)

スポンサーサイト
音楽 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 初patti
こちらこそ私のブログにお越しいただき、コメントまでいただいてありがとうございます! とても嬉しいです。パティさんほんと最高でしたよね。私もライブ中若い頃のいろんな気持ちがよみがえってきて、ロックの初期衝動みたいなものを久々に感じた夜でした。私と同世代の方かと存じますが、こんな気持ちもずっと大事にしていきたいものですね。

管理者のみに表示