富山県中央植物園で花見

2017/04/18 Tue 19:23

16日の日曜日、今年のお花見は富山県中央植物園へ。
ちょっと前にFMラジオでここの桜の研究者の方がゲストで来られていて、いろんな桜がいっぱいあるよ〜、ということだったので、ちょっと遠出して来てみました。

前日は雨風、この日は好天ながら午前中は風が強くて、あいにくソメイヨシノは満開は過ぎて「落花盛ん」という状態。しかし他にもたくさんの種類の桜や桃の花が盛りで、汗ばむ陽気の中、広い園内をぶらぶら散策しながら、春爛漫と咲き誇る花々を眺めてリラックスできた1日でした。

富山県中央植物園

富山県中央植物園
園の中央、ソメイヨシノの桜並木。

富山県中央植物園

富山県中央植物園
芝生で弁当を食いつつ一休み。(コンビニのおにぎりでしたがw)

富山県中央植物園
桜、梅、桃のエリア。梅は終わってますが今の時季はやっぱりここがメインスポットです。

富山県中央植物園

富山県中央植物園

富山県中央植物園
背景に菜の花の黄色があると、一段と映えるのだ。

富山県中央植物園

富山県中央植物園
あまり人の来ない裏道、置いてけぼりを食ったみたいに椿が一輪咲いてました。


富山県中央植物園
園内に中国は雲南地方の植物のコーナーがあります。
これは地湧金蓮(チヨウキンレン)、そのまま読むと「地面から湧く金色の蓮」ってこと? 初めて見たな。

富山県中央植物園
こちらは温室の中にあった同じく雲南の椿。牡丹かと思った。

スポンサーサイト
能登・北陸 | コメント(0) | トラックバック(0)

能面の面裏

2017/04/03 Mon 17:37

先日WEBで見かけた能面の面裏の写真、見た瞬間にドキッとして強烈な印象。
写真家の渡邉博史さんの能面を撮ったシリーズの一つです。

Hiroshi Watanabe Shunkan

能にも能面にも全く詳しくないけど、考えてみると能楽師の方が直接向き合っているのはこの面裏になるわけで、この裏面の造形にも機能的なこと以外に、演者の心に影響を与えるような深い意味が込められているんだろうなあ、と。

工芸・アート・デザイン | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |