フランスへ行く その1

2016/06/30 Thu 19:33

6月中旬、大学時代の旧友とフランスへ行ってきました。
パリとモンサンミシェル、どこを見ても美しく壮麗かつお洒落な街並みや、
中世からのヨーロッパの歴史の圧倒的な重みを感じる建築や芸術を体感できたいい旅でした。
何より20数年ぶりに会った友達と一緒にあちこち回れたのが楽しかったかな。

出発前にはISのラマダン期間中のテロ予告、大雨によるセーヌ川の氾濫、
ユーロ2016に備えた厳戒体制..といった不穏な情報が次々に入ってきて、
おまけに出発2日前にエールフランスのストで搭乗便が欠航になり…と、
一時はどうなることかと非常に心配しましたが、
結果的に道中ほとんどトラブルもなく、何とか無事に帰国できました。
年々体力が落ちてるせいか、歩き回って非常に疲れましたけど。
旅のメモ代わりに、またこの後パリ旅行を計画している方の参考になればと思い、
写真とともに記録を少しずつUPしていこうと思います。

ところで離陸前、エールフランスの安全ビデオがお洒落で可愛くてびっくり。
こういうところのセンスはさすがフランスだな〜、と感心。




というわけで約12時間のフライトの後、巨大なシャルル・ド・ゴール空港に到着しました。
ゲートからターミナルへ移動するのに無人電車が運行されているくらいでかいです。

Paris
市内へはロワシーバスを利用。2台連結のこれまたでかいバスです。
オペラ座の裏へ到着するので、この近辺に宿を取った方は運賃も安いし便利かと。

高速道路沿いの郊外の風景は日本とそう変わらないですが、
旧城壁を越えて市内へ入ると一気にパリらしい街並みになり、テンションもUP。

夕方ホテルにチェックイン、この日は時差ボケもあって疲れてるので
軽くホテルの近場を散策して帰ろう、ということで、オペラ座〜マドレーヌ広場方面へ。
この時期のパリはサマータイムもあって夜10時頃まで明るく、
後日これがじわじわと効いてきてだんだん調子が狂ってきます。

Paris
オペラ座。観光客がたくさん。こんな豪華絢爛な建物が街中のそこかしこに普通にあるので、
歩いていてあ〜パリに来た〜と実感。
なぜかエントランス前でマーチングバンドがずっと演奏してました。

Paris
メトロのサインの向こうにマドレーヌ教会が見えてきました。

Paris
マドレーヌ教会、こちらは裏側。ギリシア神殿のようですが現役のカトリック教会です。

Paris

Paris


中に入ると、ちょうどこのときパイプオルガンの演奏会を開催中。ラッキーでした。
石の聖堂内に響き渡る、体全体を圧するようなすごい音に感激。

Paris

Paris
写真では見えませんがここに演奏者がいます。

Paris
祭壇の「聖マグダラのマリアの歓喜」

教会内部のスナップを何枚か..。どこを見ても美しいです。

Paris

Paris

Paris


Paris
教会の玄関から外に出ると通りの向こうにコンコルド広場。オベリスクが見えます。
その向こうの同じようなギリシア風の建物は、セーヌ川の向こうのブルボン宮(国会議事堂)
パリの都市計画は広場をポイントにしてこんな風にスカッと見渡せる通りが随所にあり、
開放感があってほんとに気持ちの良い街づくりがされてるな〜と、
この後も歩き回っていて何度も感じました。

スポンサーサイト
| コメント(0) | トラックバック(0)

不適切だが違法ではない

2016/06/09 Thu 18:17

最近何かと忙しく過ごしておりますが、それにしても
東京都の舛添知事の問題、「不適切だが違法ではない」って何なんだ全く。
安倍サンも安倍サンでしれっと「新しい判断」なんて言って平気な顔してるしな〜。
昨今の政治屋さん達の言葉はまるで理解不能ですね。

世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |