中能登町にある 月とピエロ という素敵な名前のパン屋さん。
細い路地を入った先の、ほとんど民家というか納屋みたいなお店でしたが、
パンは自家製酵母を使っているという本格派で、見た目も味もGoodでした。
店内に何気に置いてある小物たちもセンスのいいものばかりです。
ナビがないとちょっと場所がわかりにくいですが、パン好きの方は是非。

月とピエロ

スポンサーサイト
能登・北陸 | コメント(0) | トラックバック(0)
「没後30年 鴨居玲展 踊り候え」
(石川県立美術館 10/25まで)


鴨居玲は自分にとってちょっと特別な存在の画家です。
というのも、1枚の絵にそれこそ心を揺さぶられるほど感動した、
という体験が今までの人生の中で1度だけあって、
それがこの鴨居玲の「1982年 私」という絵だったからです。
この絵は石川県立美術館の常設展示室にあり、初めて見たのは
確か石川県に越して来て間もない23~24歳くらいの頃でした。
この絵に出会えたこと、またこの絵以外にも鴨居玲の絵が県立美術館にたくさんあるのは
石川県に住んでいて良かったと思うことの一つですね。

鴨居玲 1982年私


この「1982年 私」は、鴨居玲の代表作にも挙げられる有名な作品です。
中央に何も描かれていない真っ白なキャンバス、その前に筆もパレットも持たずに、
もう何を描けばいいのか..と、惚けた様に座る画家自身。
周りには、画家が今まで描いてきた人物たちが幽霊の様に取り巻いています。
左下にいる隻腕の老人は、何も描けなくなった画家を心配するように、
首を伸ばして覗き込んでいるように見えます。

初めてこの絵に出会ったときの印象を無理やり言葉にしてみると、
画家の周りを取り巻く、うなだれて決して幸福そうには見えない人たち、
彼ら彼女らの送ってきた人生、その長くて苦しい時間の重みがどっと押し寄せてきて、
こちらの心の中に容赦なく一気になだれ込んで来た、とでもいうか..。
かつて彼らが命を与えられていたキャンバスは、ただ真白い光を跳ね返すばかり。
彼らを描くことによって名声と栄誉を得た画家は、今はなすすべなく途方にくれ、
古い友人たちに囲まれていながら、あるいは囲まれているからこそなのか、
悲しみと苦悩にあふれているようです。

当時は鴨居玲についての予備知識も全くなくて
ただふらりと常設展示室に入って偶然目にしたのですが、
おそらく誰が見ても絵の主題はすぐに理解できるでしょう。
じっと見つめていると心の底からいろんな想いが次々と湧き上がってきて、
しばらく絵の前から動けなくなってしまいました。
まさか1枚の絵にここまで心を動かされることがあるんだろうか...と、
絵というものが持っている力に驚くと同時に、
絵の前で固まってしまっている自分にも驚いてしまうという、
いま思い返すとなかなか稀有な内的体験だったと思います。

その後何度か折に触れ県立美術館にこの絵を見に行ったし、
もちろん今回も展示されていたのでまたじっくり向き合ってみました。
この絵の前に立つといつも確かに厳粛な気持ちになるのですが、
やはり初めて出会ったときのような高ぶった感情はあの時だけのものですね。
つくづく出会いというものは特別なものだと思います。


さて、鴨居玲の作品は、スペイン時代の
消し炭のような肌に細い白髪が絡みつく老人たちの肖像画や、
晩年の胸を掻きむしられるような悲痛な自画像群もどれも好きなのですが、
今回の展覧会で特に良かったのはデッサンが数多く展示されていたことです。

コンテやパステル、ガッシュなどを使っていろんなスタイルで描かれたデッサンが
どれもこれも力に溢れていて、間近で見ると画家の腕の動きや息遣いまで感じられるようで、
油絵に劣らないくらい非常に魅力的でした。
美術の専門家ではないので正しいかどうかは良くわからないのですが、
ひょっとして鴨居玲という人は、並み居る画家たちの中でも
デッサンが格別に上手かった人なんではないだろうか?と今回思いました。

鴨居玲 デッサン
展示会の図録より

晩年の鴨居玲は絵を描くことが大きな苦しみだったようで、
自殺未遂を繰り返したのちとうとう’85年に自死してしまいます。
でも残された多くの作品は、人間という存在の奥底の暗闇をえぐり出して
見せてくれているようで、こうした作品に接することができるのは
身勝手な鑑賞者としてはほんとに幸せなことだなと思ってしまいます。

工芸・アート・デザイン | コメント(0) | トラックバック(0)
スカパラがまさか輪島まで来てライブをやってくれるとは。
というわけで行ってきました、10月17日輪島市文化会館。(ネタバレあり)
”叶えた夢に火をつけて燃やす”ツアー。..すごいタイトルだ。
他所からはるばる輪島まで来る人に配慮したのか?開演が5時半とやけに早いです。

文化会館の裏手の方から歩いて会場に向かっていたら、
ちょうど谷中さんが裏口から外に出てきていて、
女性の方が一緒に写真を撮ってもらってました。ラッキーですね。

スカパラ 輪島

今回のライブの演出は歌舞伎を取り入れてるようです。
開演前のステージには黒赤緑の歌舞伎の定式幕が張られて、
「今日はスカパラのライブです。歌舞伎の公演ではありません」w
みたいなMCもしっかり仕込んできました。

ライブの始まりもまずはGAMOさんが講釈師として登場、
スカパラの歴史その他を講談みたいに扇子を叩きつつ語った後、
めくり付きでメンバーを1人ずつ紹介してスタートという趣向。
相変わらず盛り上げるのが上手いな〜。
幕が開くとバックは松羽目、やっぱ今回は歌舞伎です。

ライブはいつも通り定番曲も交えて盛り上がり間違いなく楽しかったんですが、
今回は輪島高校吹奏楽部と一緒に朝ドラ「まれ」のテーマ曲を
演奏するというコーナーがあって、まあ地方ならではだろうけど
ちょっと地元サービスしすぎ?な気もしないではなかったかな。
(ちなみに物販では記念の輪島塗箸も売ってました。)

ところで大森氏は「まれ」を1度も欠かさず見ていたそうです。w
谷中氏は1度も見ていないと迂闊にも口走り、エ〜ッと客席からブーイング?
でもマイクを向けられた輪島高校の女生徒も1度しか見てない、と答えて
ズッコケるという、なかなか微笑ましいシーンもありました。
それから茂木氏は朝市で買った「きなこのもちもちドーナツ」を
早速トンビにさらわれたそうです。www
輪島のトンビはほんと油断できないからね〜。

今回特筆すべきは中盤でのGAMOさんのDJコーナー、
ここが音的に非常にかっこ良かった! 今回のツアーはGAMOさんが活躍してますね。
あと茂木さんが歌うFishmansの”いかれたBaby”も聴けたし、
個人的には3列目という今までになく近い席で見れたのも良かったです。

それから谷中さんのMCで、何だか最近みんな他人に対して厳しくなってる、
もっと優しくなろうよ、音楽はその助けになるよ...みたいな話があって、
うんうんそうだな~と頷いてしまいました。

終了後の帰り道、なぜかまた谷中さんが裏口から外に出ていて、
開演前に一緒に写真を撮ってた女性の方が今度は握手してもらったそうです。
手がすごく柔らかかった〜と感激されていました。

というわけで今回のツアーは輪島と金沢どっちに行こうか迷ったんだけど、
何だかクリスマスの金沢公演も行きたくなってきたな〜。

音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
最近問題になっている、はすみとしこという人の描いた難民のイラスト、
あれはほんとにヒドいね。
元の写真からよくあんな恥知らずな絵を描けるもんだな〜と、
あまりの感覚のお粗末さには驚くしかない。
あの少女が自分がこんな絵のネタにされてると知ったら、どんな気持ちになるだろう。

確かに難民に紛れた不届きな輩も混じってるだろうとは思うが、
それを主張するならもっと違う方法があるだろうにね。
そもそもなぜ難民が発生する状況になってるのか?というのが根本の問題であって、
生死の狭間にいる難民を、ましてやあの写真の、一人の女の子を
更に傷つけ、愚弄することになるとは気がつかなかったんだろうか?

このはすみという人は何でもフェイスブックの
「安倍総理を支える会」というのの管理人だそうで、
安倍支持層の脳内の雰囲気がよくわかる気がします。

安倍さんついでに言うと、例の「1億総活躍」ってのも何だかな〜。
安倍さんに言われると、戦時中の「進め1億火の玉だ」を
思い出してしまうのは気のせいか?

世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)

TOYAMAキラリへ行く

2015/10/04 Sun 19:10

富山市に8月にオープンした、隈研吾さん設計のTOYAMAキラリ。
富山市ガラス美術館と市立図書館、富山第一銀行が入ってます。

TOYAMAキラリ
外観も内観も、隈さんの他の建築でもよく見られる手法の、細長い材を重ねていくデザイン。
ぐるっと回って眺めていると光を反射して様々に表情が変わります。
夕暮れどき、中の暖かい光が漏れて美しいです。


TOYAMAキラリ

内部は斜め吹き抜けの開放感のある空間。全体に杉材のルーバーが張り巡らされています。
iPhoneにLIEQIのクリップ式広角レンズを取り付けて撮ったんで、結構歪んでますが。

TOYAMAキラリ

斜め上方に伸びていくスケール感は未来的な雰囲気、
でも木材の暖かみのせいかどこか懐かしさも感じる、
こんな感触の空間はなかなか味わえません。
この発想はどこから出てくるんだろう。スゴイな~。

それにしても近くにこんな図書館があったら、週末なんかは入り浸ってるかも..。

デイル・チフーリ

デイル・チフーリ
ガラス美術館の方ではデイル・チフーリさんのインスタレーションを展示中。

工芸・アート・デザイン | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |