その1の続き)

明泉寺

有名な五重塔は、文化遺産オンラインによると室町前期(1333~92)となっていますが、
鎌倉時代末期の建立と書かれている資料もあります。
いずれにしろ1300年代に建てられたもののようです。
部分的に補修された跡も見えますが、プロポーションも良く美しいですね。

明泉寺

輪島市にも中段町に同じような時期の石造五重塔があって結構好きなんですが、
高さはこの半分ぐらい、やはり堂々たる迫力という点ではこの明泉寺の塔が勝りますね。
基壇には蓮弁の彫刻が施され、軒垂木や相輪の加工もより細密でかっちりしてます。

手元にある至文堂の「日本の美術」No.77の「塔」特集号を見たら、
この明泉寺の五重塔が表紙を飾っています。
解説によると、戦後このお寺の仏像の調査に訪れたところ、
仏像もさることながら当時破壊寸前だったこの塔の優秀さに驚き、
人々の協力を得て復興された、と書かれています。
明泉寺のサイトによると昭和45年11月に復元され、
同49年に国指定重要文化財に指定されました。
またかつては東西両塔があったのですが、現存しているのはこの東塔のみとのこと。

明泉寺


そうこうしているうちに時間も過ぎ、そろそろご住職昼寝から起きたかな~
と思ってもう一度住まいの方へ行って声をかけてみたところ、
今度はご住職が出てきてくれました。
拝観料を払おうとしたところ、この日はお忙しかったのか、
「いや~、今日はちょっと案内できないんでいいですよ(笑)」とおっしゃって、
結局今回は外だけですが特別に無料で見学させていただきました。

明泉寺

明泉寺

その後もしばらくの間蝉の声を聞きながら石に腰掛け、
この静かな境内でゆったりとした時間の流れに身をまかせて、
中世の人たちの営みにしばし思いを馳せてみました。

ところでこのお寺のご本尊は平安初期の千手観音像だそうで、
こちらもぜひとも拝見したいところなんですが、
ご開帳は7年に1度、前回のご開帳が昨年あったばかりのようで、
となるとこの次見ることができるのは2020年。...まだまだ先ですね。
まあ近いんでまた来てみようかと。今度はご住職のお話でも聞けたらと思います。

明泉寺

明泉寺

スポンサーサイト
能登・北陸 | コメント(0) | トラックバック(0)
穴水町明千寺の白雉山 明泉寺(みょうせんじ)へ初めて行ってみました。
真言宗のこの古刹は、国の重要文化財の石造五重塔があることで有名です。
創建は白雉3年(652年)というから歴史は相当古いですね。
調子に乗ってたくさん写真を撮ったので、2回に分けてUPします。

明泉寺


階段を上って境内に入ると、たき火が燻って煙が上がってるんだけど人の気配はなし。
事前の情報で拝観料300円とのことだったので、とりあえず人がおられそうな
奥の住まいの方に行って声をかけてみたけど、やはり応答なし..。
仕方がないので後で払うことにして、先に境内を散策させてもらいました。

明泉寺

明泉寺

お寺の印象としてはあまり手が入っていない様子で若干荒れている感もありましたが、
重文の五重塔はもちろん、そこかしこに数多く置かれた石塔や碑、
古びた建物の配置など、境内の全体の雰囲気は非常に心地よく、
この適度に廃れた感じも相まって何とも静かな気分で心が落ち着くお寺でした。


左手奥の墓地で作業をされていた方がおられたので声をかけると、
ご住職はさっきまでその辺りで何かやってたけど、今昼寝中じゃないか(笑)とのこと。
その方がおっしゃるには、裏手の山の方へぐるりと回る小道があって、
道沿いにも石仏がいっぱいあるよ、とのことで、ちょっと登ってみました。
ヤブ蚊がすごくて早々に帰ってきましたが、確かにここもいい感じの小道でした。

明泉寺

明泉寺


五重塔の左奥に蔵のような建物があり、中に大きな木の仏像があります。釈迦如来像?
能登にこんな大きな木の仏像があったとは知りませんでした。

明泉寺

比較的ざっくりした彫りで、塗りもほとんど剥げて割れも目立ちますが、威厳はありますね。
説明の書かれた木板があったんだけど、ほとんど判読不能。
入口左隅に置かれていた狛犬?の木像がかわいいです。

明泉寺

明泉寺

その2へ続く)

能登・北陸 | コメント(0) | トラックバック(0)
street view panama

よくGoogleのストリートビューでヘンなものが
写っていると話題になってますが、この間私も偶然発見。
下半身しかない人。パナマのどこかで。
まあ別に珍しくもないみたいだけど。

世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)

内閣人事局の看板

2014/08/02 Sat 17:15

新聞で見た「内閣人事局」という役所の看板の文字、
何でも大臣の稲田朋美センセイが書かれたそうなんですが...

内閣人事局の看板
(写真は首相官邸のHPからお借りしました)

こ、この字はいくら何でもヒドイ...
個性的とか味があるとかいうレベルではないですね。
小学生の習字の練習でももっとましな字を書いてそう..。
何というか、日本国の中央省庁の看板がコレでいいんだろうか?
あまりにも人を、国民をバカにしていないだろうか?
中国とか漢字圏の人がコレを見たらどう思うんだろうか?

新しい省庁の看板は発足時の大臣が書くという慣習になってるそうなんですが、
昔なら大臣ともなれば大体みんなそういう素養もあっただろうけど、
今の時代いくら大臣とはいえ必ずしも書道の心得があるとは限らないし、
どうみてもまともに練習すらしたこともなさそうな人(たぶん)が、
無理矢理書かなくてもいいんじゃないかと思うんですけどね。

ていうか、この人は首相と一緒に誇らしげに写真に納まってるんだけど、
ホントにこれでいいと思ってるんだろうか? 恥ずかしいとは思わないんだろうか?
試し書きくらいはしたと思うんだけど、そのときに
やっぱ無理!って思わなかったんだろうか?
まわりで誰か止めなかったんだろうか?(まあ言えんかそんなことw)
書けないんなら書けないで誰かに頼むとか、手書きにしなくても
プロのデザイナーがつくった美しい書体だっていっぱいあるのになあ。

ただの看板だし中身と関係ないだろ、って思う人もいるかもしれんけど、
ビジュアルデザインのひとつとしてこういうところも結構大事だと思うんだけどね。
自分がもしこの役所の職員だったら(もちろんそんな能はありませんが)、
毎朝出勤してこの字を見る度に何だか力が抜けてしまいそう…

稲田大臣が政治家として有能な方なのかどうかは知りませんが、
所属の官僚の方達も含めて筋の通ったいい仕事をしてもらうためには、
看板もしっかりした凛々しい文字にしといた方がいいと思うんですけどね。

世の中 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |