アクト・オブ・キリング

2014/05/29 Thu 18:09

アクト・オブ・キリングという映画を観る。(ネタばれあり)
いろんな意味でアタマが混乱してくる、衝撃的な映画だった。

1965年から66年にかけて、インドネシアで政変をきっかけに起きた100万人規模の大虐殺。このとき実権を握ってその後30年も大統領の座に就くことになったスハルトが、民兵や青年団、ならず者集団などを使って、当時大きな勢力を持っていた共産党やその支持者、農民、華僑などを大量に虐殺した。真相は不明なところも多いが、一説では被害者は300万人ともいわれ、20世紀最大の虐殺の一つともいわれているそうだ。

大体、インドネシアにそんなひどい歴史があったことすら、恥ずかしながらこれまで全く知らなかった..。例えばカンボジアのポル・ポトのことは多くの人が知っていると思うが、同じ東南アジアでもインドネシアのことは日本ではそれほど知られていないのではないだろうか?
虐殺を行った側のスハルト政権を、アジアの共産化を恐れたアメリカやそれに追随する日本も支持していたから、報道も抑制されてきたということなのか?何しろこの虐殺そのものの背後に、アメリカ政府の大きな支援があったとも言われている。

この映画は、その大量殺人に直接手を下した加害者たちに、当時どのようにして虐殺を行ったかを彼ら自身の手で映画にしてもらい、その過程を追うという、かなり異色のドキュメンタリーとなっている。

最初はこの設定自体がなかなか飲み込めない。何でそんな極悪非道の犯罪者たちにそんなことを頼めるのか?当然逮捕されて、罰を受けて服役とかしてるんじゃないのか?
しかし事実はまるで逆で、彼らは罪を問われるどころかむしろ英雄視され、プレマンと呼ばれるやくざや民兵組織の中枢として一目置かれ、政財界の中枢とも親しく、裕福に暮らしている。州知事とか議員とか新聞社の社長なんかも次々と出てきて、彼らと親しげに語り合ったりもする。事件当時、新聞も虐殺を扇動するような記事を捏造して流していたそうだ。
インドネシアでは現在も共産党は非合法とされ、この事件について語ることもタブー視されて、むしろ犠牲者の遺族の方が肩身を狭くして身を潜めるように暮らしているという状況らしい。

彼ら加害者は、大量殺人をしたことを悪びれるどころかむしろ嬉々として語り、具体的な殺し方をカメラの前で再現してみせ、まるでスター気取りで映画づくりにノリノリで取り組む。
正しい歴史を若者に伝えなければ、などとも言う。何しろ国営テレビに彼らが英雄として出演し、もし遺族に糾弾されたらそいつらも殺すだけだ、と言い放ったりするくらいだし..。
結局、彼らは多くの人を残虐に殺したことを罪だとか悪いことだとか全く思っていないし、むしろ賞賛されるべき行為だと思っている。一般の国民も、真意はわからないが表向きはそれを認めていることがわかる。観ているこっちはますます混乱してくる。

しかし次第に、これがインドネシアという国のあり方なのかと納得せざるを得ない気分になってくる。いや納得はしてないんだけど、ともかく世界にはこうやって国を営んでいる場所が実際にあり、これが人間の作るひとつの社会の現実だということは、事実として認めなければならない。

でもよく考えてみたら、こんな理不尽、暴力による支配はインドネシアだけじゃなくて世界中で、今現在でも普通に起きていることなんだよな~、ということにも気づく。そして勝った者、力のあるものが自分たちの犯罪を英雄的行為に変え、都合のいいように歴史を作っていく。日本でもこんなあからさまではなくむしろ巧妙に隠されて、同じようなことがずっと起きているのかもしれない。いやあ、どうしたらいいんだろう..。

主演?のアンワル・コンゴという老人、この人は1,000人以上殺してきたとのことだが、人相だけ見ているとそんな悪い人物には思えない。アンワルは日頃から悪夢にうなされることも多く、映画づくりが進むにつれ徐々に心境に変化が生じてきたようで、被害者に呪われているのではないかと語り、終盤では自分のしてきたことに向き合い、長い間沈黙してショックを受けているような場面も見せる。「俺は罪人なのか?」と自問し、かつての殺戮の現場である建物の屋上では激しく嘔吐する。
多少反省したからといって罪が消えるわけでも許されるわけでもないとは思うが、この変化をどう捉えればいいのか?彼は本当に悔いて苦しんでいるのか?彼も軍部や国家に利用されただけなのか?はっきりとはわからない。かと言って、本当に罪を悔いて懺悔した、みたいな展開になったとしたら、これも白々しく嘘っぽくてあり得ないな、とは思う。

印象的だったのは、アンワルが孫たちと庭で遊ぶシーン。孫の一人が誤ってアヒルの雛の脚を折ってしまったらしいのだが、彼は孫に向かって、アヒルに「怪我をさせてごめんね」と謝り、小さな命を慈しむようにと諭す。人間とはそんなものだとは思うが、ところでこの可愛い顔をした孫達は、成長したら一体どんな大人になるんだろうか?ますますわからなくなる。

彼らの作った映画の終盤のシーンは衝撃的。殺された男(の霊?)が、「私を処刑してくれてありがとう」みたいなことを言いながら、自分を殺したアンワル老人の首に金メダルを掛けるというオチ。…これは一体何なんだ? 人間という生き物の底知れない恐ろしさを、そのまま受け入れないといけないのか?この物語に続きがあるとしたら、一体どんなストーリーになるのか?

ちなみに彼らの映画、全体的にとても映画と呼べるような代物ではなくて、これはお笑いか?とツッコみたくなるような滑稽極まりないものなのだが、水辺の巨大な鯉のモニュメントの前や、緑に溢れた瀧のところで女性達が踊るシーンは、何だか意味不明だけど幻想的で妙に美しい。

次から次へと醜悪な人間が出てくるし、正直観ていておぞましい気分にすらなる結構しんどい映画だったが、人間の本質とか、その人間の作る社会のあり方について否応無しに考えさせられる作品だと思う。

ところでこの作品、監督のジョシュア・オッペンハイマーさんは、当初は犠牲者の遺族に取材して映画を作り始めたそうなのだが、軍や当局に執拗に妨害された上に遺族の身に危険が及ぶ可能性もあり、やむなく加害者側の視点で撮るという手法に切り替えたそうだ。エンドロールでも多くのスタッフ名が「アノニマス」と表示され、インドネシア国内の危険な状況が推察できる。しかし現在、今度は被害者側から捉えた続編の「ザ・ルック・オブ・サイレンス」を制作中とのことで、完成も間近らしい。今回は大丈夫だったのかな?とちょっと心配だが、公開されたらこれも必ず観たい。

スポンサーサイト
本・映画 | コメント(0) | トラックバック(0)

空から見る

2014/05/25 Sun 18:45

先週は東京へ出張がありました。
能登空港ができてからは、東京の往復はだいぶ楽になったな〜。
もう少し行きの便が早くて帰りの便が遅かったら、
もっと時間を有効に使えるんだけどね。

来年は北陸新幹線開業、またNHKの朝ドラの舞台が輪島ということで、
石川県にとってはめったにないチャンス。と言われてます。
いやほんとに、ほんの少しでも景気が良くなってくれれば..。
輪島の朝市も近年観光客はかなり減ってるらしいし、
能登地方もこの機会にどんどん盛り上げていきたいものです。

というわけで特に意味はないですが、羽田行きの飛行機から撮った写真です。

珠洲蛸島
これは能登半島先端、珠洲市の蛸島あたり。昔はここまで鉄道が来てたんだなあ。
いつも飛行機に乗ると思うんだけど、能登半島は上空から見るとなかなか美しいです。

佐渡
能登から東京行きは一旦北東の佐渡のあたりまで飛んでから、
ぐいっと向きを変え南下して羽田へ向かいます。
ということでこちらは佐渡。やっぱり地図と同じ形をしてるもんですね。

つくばみらい
こちらは茨城県のつくばみらい市あたり。
田んぼに入った水が空を映して、一瞬洪水のようにも見えてしまいました。

こうして見ると、水田っていうのはたくさん水を貯めてるもんなんだな〜と。
でも水深が浅いからそうでもないんかな?でも面積は相当広いし。
と思って帰ってからちょっとググってみたら、全国の水田の貯水量は、
サイトによって結構幅がありましたが40億〜80億トン、最大90億トンとのこと。
日本最大の岐阜県の徳山ダムの総貯水量が約6.6億トンということなので、
いずれにしろこれはかなりの量ですね。

日日 | コメント(0) | トラックバック(0)
群れは意識をもつ

動物の群れの動きのメカニズムを、モノとコト、個と集団(部分と全体)、
同期と非同期、能動と受動…という様々な観点を軸にして考察した本。
特に「モノ」と「コト」の関係性から見た群れの理解が重要視されている。

以前から、脳の神経細胞の信号の集積がなぜ意識を生むのか?
という問題にとても興味があって、
動物の群れと脳や人工知能の類似の話も聞いたことがあったし、
この本でもその辺りについて触れられているので読んでみたんだけど、
やっぱりもっと基本知識がないとなかなか難しいかな、こういう話は。

前半はボイドと呼ばれるいろいろな群れのモデルが紹介されて、
後半は著者の理論と実験による「相互予期」をキーワードにした
モデルについて詳しく述べられている。
一般向けの新書にしては結構学術的というか記述が少々カタめで、
実験データの図表も豊富なのでなかなかすんなりとは読めなかったが、
丁寧に説明を追っていけば大体のところは飲み込める。

文書を分類するのに群れの理論を使うという話も面白かったが、
特に印象的だったのは第3章、「ミナミコメツキガニの群れは痛みを感じているか」
著者の理論と実験を元に、ダチョウ倶楽部の熱湯風呂コントの構造は
「能動的受動と受動的能動」であるという話から、「相互予期」の群れのモデルの説明へ、
そこから「群れは痛みを感じている」という結論に至る過程は、とても鮮やかで面白い。
「モノ」と「コト」という視点から見た、
身体にとっての「痛み」というものの捉え方も腑に落ちるものがあった。

意識問題についてのまとめはなかなか難解だったが、
哲学的というか抽象的な話ではなく、実験を元にした実証的な記述なので説得力もあり、
今後の展開のヒントになるんではないだろうか?と、素人ながらの感想。
群れに関する面白そうな本は他にも出ているみたいなんで、いろいろ読んでみたい。

本・映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
”北のまほろばを行く-百年桜セッション-”の余韻を引きずりつつ、次に向かったのは屋根付きのHANAGASA(花笠)。
さっきまでとはまるで雰囲気の違う、浅井健一の新プロジェクト ROMEO's blood
全く音源も発表されていない新しいバンドということで、ベンジーさんはギターではなくベース。この人も存在自体がロックを体現してるようでカッコいい人だよね~。何か近寄り難い雰囲気もあるけど。
が、今回ちょっと都合により後半のごく一部しか見られなかった..。残念。
このライブは「映像と音の祭」ということで、バックに古い映画のような想像力をかき立てる美しい映像が流され、空間的な演出も見事。音の方も昔から変わらず切れ味鋭く、ダークで激しくて攻撃的でした。全部見られれば良かったんだけど..。

最後は同じステージで Night with Lou Reed - Wild Side of ARABAKI
昨年10月に亡くなったルー・リードへのトリビュートライブ、8人のボーカリストが1曲ずつルー・リードの代表曲を歌う。
バックバンドのドラムスにはルースターズの池畑さんがいる。そういえばルースターズは今オリジナルメンバーで活動してるらしいけど、大江さんはもう完全復活したんだろうか?

8人のうちでダントツに存在感を放っていたのが、あがた森魚さん。年齢もこの中で一人ダントツだと思うけど、にこやかに登場して”Satellite of Love”に唯一日本語の歌詞をつけて、気迫に満ちた歌をぶちかまし、たった1曲で明らかに会場の雰囲気を少し変えて、またにこやかに去って行った。いやーすごい。
他には後藤まりこさんのエキセントリックな"I Can't Stand It"も面白かったし、期待の町田康さんはクールに登場し、"Run Run Run"をサビのとこだけ何かニヤニヤしながら、ちょっと軽く寄って歌ってくよ、みたいな感じで歌っていった。最後は夕刻の"北のまほろば~”でもすばらしい演奏を聴かせてくれた山口洋さんの"Walk On The Wild Side"で締め、アンコールはなしでした。

これでこの日のライブは全て終了、すっかり暗くなった広い会場の長い帰り道をだらだら歩いて、また仙台駅前行きのバスを待つ長い列に並んで、連れと感想を語りつつバスに揺られて帰路に..。

というわけで初めてのフェスは無事に終了。明日も見られる人がうらやましいな。
でも今回はほんと天気に恵まれて、終始気持ちよかった。行く前の準備や何かはちょっと面倒だし行くのも時間がかかるけど、フェスっていうのもなかなか楽しいもんですね。
また面白そうなフェスがあったらぜひ行きたいもんです。

アラバキ 荒吐
帰り道。長い..。

アラバキ 荒吐

アラバキ 荒吐
あちこちにアートも展示されてます。

アラバキ 荒吐
会場のある川崎町のゆるキャラ、チョコえもん。
日本人で初めてチョコレートを食べたという支倉常長にちなんでるそうな。
ベースがかなり上手いらしい。w

音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
THE BAWDIESのあとはまた買い食いしながらTSUGARU(津軽)ステージへ移動。

阿部芙蓉美と前野健太。実はこの2人は全然聴いたことがないんだけど、ジム・オルークが前野さんのアルバムをプロデュースしたということで、面白い音が聴けるかなと思って行ってみた。しかし今回は2人だけでしっとりとギター+歌、そういう音響的な要素はなしでした。

ライブはこの2人の微妙な距離感?が何ともいえない空気を醸し出してましたが、2人のファンならまた違った感想があるのかもしれないけど、すんません、このセッションはあまり印象に残ってない..。最後のF**k Me~という曲はやけに耳に残ってるけど。
でも阿部さんはかなり尖った才能のある人のような気がするんでアルバムで聴いてみたいし、前野さんもソープランダーズっていうバンド(すごいバンド名だなw)で聴いてみたいね。

アラバキ 荒吐
TSUGARU(津軽)ステージ

その次は今回一番心に残った、北のまほろばを行く-百年桜セッション-
HEATWAVEの2人、山口洋さんと"音楽界のクリオネ"細海魚さんをホストに、
出演順にタテタカコ高野寛畠山美由紀遠藤ミチロウ仲井戸麗市の5人のゲストとのセッション。

このステージは敬愛しているチャボさん目当てだったけど、皆さんほんとにいい歌を聴かせてくれてすばらしかった。タテさん、そして今日2度目の高野さんの歌にもじ〜んと来たし、ここだけの話だけど畠山さんの「その町の名前は」「わが美しき故郷」、その歌声を聴いていたら、なぜか理由もなく目頭が熱くなってきて涙が出そうになってしまった..。

ミチロウさんの「天国の扉」の強烈な歌世界にも圧倒されまくり。スターリンも含めてミチロウさんの音楽を熱心に聴いてきたわけじゃないんであまり偉そうなことは言えないけど、還暦を過ぎた今も、こうして世の中にナイフを突きつけるような表現活動を続けている遠藤ミチロウという人、ほんとスゴい。この前金沢のもっきりやに来てたの見に行けば良かったなあ。
その後チャボさんも加わった”新・相馬盆歌”、民謡をアレンジして原発事故に襲われた福島を唄う日本のダウンホームブルース、情念がこもったパワフルな演奏の連続。

その後はチャボさんコーナー、”My Way”で一気にチャボさんの詩の世界へ、そしてとても好きな"ガルシアの風"をやってくれた。チャボさんのライブはこれまで何度か足を運んでて、その度に何かこう、ずっしりと重たいものを毎回もらってくるような気分になるんだけど、今回もこの短い時間でライブの雰囲気をここまで'持っていく'力量には改めて感嘆。
チャボさんもミチロウさんと同い歳で今年64歳になるそうだけど、その佇まいが今もほんとにカッコいい。
「○○やってくれ~」という観客の声に「うるせータメ口きくなコラ、『やって下さい』だろ!!」と悪態をついて「泉谷みたいになっちゃった」とか、楽屋でミチロウさんと「『50は屁でもなかったけど60過ぎるといろいろあるよな~』と実にロックらしくない会話をした」とか、MCでもいつも通り笑いを取ってくれてた。

最後は全員で「満月の夕」、これまたじーんと来る..。
震災からまだ3年しか経っていない今、この歌をただ単に”いい歌”って言ってしまうだけでいいのかよくわからないとこもあるけど、でもほんといい歌だな〜。
ちょうど夕陽が沈んで暗くなっていく時間帯で、その雰囲気とも相まって心から来て良かったと思えるライブでした。日常に戻って何日か経った今でもじわじわ来てます。
次回へ続く)

アラバキ 荒吐
終演後のステージ前

音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
ARABAKI ROCK FEST. エコキャンプみちのく 2014.4.26

宮城県まで飛んでアラバキ (荒吐)ROCK FEST.へ..。
これだけでかいフェスを見に行くのは初めて。せっかく遠出するなら2日間とも見たいとこだったけど、行くと決めたのが遅かったんで残念ながら2日目は売り切れ、やむなく初日の26日のみ参加。

会場の エコキャンプみちのく は奥羽山脈にも近い風光明媚な湖畔の広大なキャンプ場。
行く前の情報では例年夜は寒くて大変だと聞いていたけど、この日はぽかぽか陽気の快晴で最高の天気、夜もそれほど冷え込まなかったんで、終始気持ちよくライブを楽しめました。
乾燥してたんで土埃はひどかったけど。

仙台駅前でシャトルバスを待つ長蛇の列に並んで待つこと約1時間。
会場までも約1時間の車窓の旅、湖や山野の風景が美しいです。

アラバキ 荒吐

午後1時過ぎに着いてまず向かったのがHASEKURA Revolutionというステージ、
浜崎貴司×高野寛×おおはた雄一の3人によるコラボ。
草むらに座ってのんびりと、3人の持ち歌+αがいい感じで青空に広がり、ゆるーくいい気分でフェスのスタートを切れました。
おおはたさんはその心地良すぎるギターと声が数年前からすっかり気に入ってて、金沢でのライブにも2度行ったことがあります。
浜崎さんと高野さんは特に追っかけてたわけじゃないんで有名な曲くらいしか知らないんだけど、それにしても3人ともほんといい声でいい歌歌うわ~。
ギターもメチャクチャ上手いし。当たり前か。
何というか、キャリアと実力のある本物のプロの歌、って感じだな〜。
浜崎さんによる小保方さんのモノマネwもあり..。それから高野さんのトリビュートアルバムが今年出るそうです。おおはたさんも今年はこまめに全国を回るって言ってたんで、近くへ来たらまた聴きに行きたいな。
最後は思いもよらぬ沢田研二の”勝手にしやがれ”で締め。

アラバキ 荒吐
美味そうなフェス飯のブースもたくさん出てます

フェス飯というかスナックで少し腹ごしらえして、その後一番奥の一番でかいステージ、陸奥(MICHINOKU)へ向かう。それにしても広いなここは。端から端まで歩いて約30分、一部道が細くて渋滞もしてるし。でも今ちょうど桜も咲いててきれいなんで、ぶらぶら歩くのも楽しい。
途中通りかかったステージでは今FM石川でもヘビロテされてるゲスの極み乙女。が演奏中。うわー盛り上がってるな〜。

アラバキ 荒吐

というわけでてくてく歩いて見に行ったのは、THE BAWDIES
着いた頃にはもう観客ぎっしりで後ろの方だったけど、”Soul Man”のSEで一気に気分が上がって始まったライブは若さ一杯、さすが今乗りに乗ってる勢いを感じさせる大盛り上がり、楽しさ最高でした。
ブラックミュージック好きの自分としてはこの手のソウルテイストのロックンロールは本当にツボ。一本調子と言えばそうなんだけど、まあ時間の限られたフェスだしこれでOK、最初から最後まで一気に突っ走る約45分の熱いステージに、否応無しに体も動いて気分もハイに。
前の方ではみんなモッシュするんで土埃がもうもうと立ち上り…。
それにしてもボーカル+ベースのROY君、あんな可愛い顔(失礼!)して良くあんな声で歌えるもんだな~ホントに。素晴らしい。
途中のMCで「(メンバーの)TAXMANの実家が肉屋なんだけど、そこのソーセージは粗挽き?いえ、アラバキです!」という脱力ギャグ、でもライブの終わりにTAXMAN「言っときますけどうち肉屋じゃないです」とのオチでめでたく終了w。
曲もいいし、この先も楽しみないいバンドだな。

アラバキ 荒吐
キャンプしてる人もたくさん

ところで連れはこの時間帯 THE GROOVERS+土屋公平 を見に行ってたそうで、こちらもメチャクチャ良かったと言ってました。蘭丸さんはスライダーズや麗蘭でおなじみなんだけど、THE GROOVERSは全然聴いたことがなかったんで帰ってからYoutubeでいくつか見てみたら、確かにギターもやたらキレがあってリフなんかも非常にカッコいいっすね。
今度そのTHE GROOVERSの藤井さんのライブにチャボさんも出るみたい。こんな風に知らなかったアーティストに出会えるのもフェスの楽しみなんだろうね。チャンスがあったら見に行ってみたいもんです。
次回へ続く)

音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |