RIP Lou Reed

2013/10/30 Wed 20:13

10月27日、ルー・リードが亡くなりました。
今さらながら思うのは、60年代、70年代から活動しているアーティストっていうのは、みんなもういつこの世を去ってもおかしくないような年齢になってきてるんだな〜、と。
既に亡くなった人たちもたくさんいるし、年齢を考えたら仕方のないことなんだけど、こういう訃報を聞くとやっぱりほんとに残念。

学生のときにはバンドをやってたんですが、特に強く意識したというわけでもないけど
Velvet Undergroundみたいなイメージを何となく念頭に置いていたというか、お手本みたいに考えてやってたような気がします。シンプルで真似しやすかったというのもありますが、何より全アルバムほんとにカッコ良かったですからね~。

友達の影響で、ルー・リードがソロになってからのアルバムもよく聴いてました。
'82~83年頃の"The Blue Mask"とか”Legendary Hearts”のあたり、とても好きでした。
その頃のバンドは、ロバート・クワインのエッジの効いたギターと、まるでギターと役割が入れ替わったみたいに饒舌によく"歌う"フェルナンド・ソーンダースのベースの絡みが独特でした。

ライブも一度だけ、1986年に神宮球場でやったJapan Aidで来日したときに見に行ったことがあります。ロバート・クワインはそのときはもういなかったと思うけど、ルー・リードは演奏が進むにつれだんだん熱くなってきたのか、冬なのに次々とシャツを脱ぎ捨ててギターをガンガン弾きまくってたのを覚えてます。

というわけで訃報をきっかけに、というのも寂しい話なんですが、久々にルー・リードのアルバムをずっと聴き直してます。やっぱいいっすね..。'89年の"New York"も好きなアルバムの1枚です。未聴のアルバムも何枚かあるんでいずれゆっくりチェックしてみようかと。

そういえば、LP2枚に渡って延々とノイズが続くロック史上指折りの問題作、
”Metal Machine Music”を割と近年になって初めて聴いてみたんですが、これが予想に反して結構聴けたというか、意外と気持ち良くてなかなか楽しかったです。まあ繰り返し聴くようなものでもないですけど..。

それにしても、好きなミュージシャンの訃報に接して改めて聴き直す、みたいなことがこれからも増えてくるんかな~、とか思うと、ほんと寂しいもんですね..。

スポンサーサイト
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
vandellas_1.jpg

モータウンで一番愛着があるのは私の場合マーサ&ザ・ヴァンデラスです。
昔LP2枚組のアンソロジーをほんとに良く聴いてました。
"Heatwave"なんてほんとにもう何べん聴いたかわからないけど、未だに全然飽きないし。
別に一人残らず聴き比べたわけでもないけど、マーサ・リーヴスはモータウンの女性シンガーの中で一番歌が上手いんじゃないかな?

というわけで4月に出たこのCD3枚組 "50th Anniversary/Singles Collection/1964-72"
Disc 1とDisc 2は全シングルのAB面+α、Disc 3は未発表曲・未発表テイクが27曲。
シングル曲は全てMonoミックスなのもうれしいところです。
何年か前に出た2in1のオリジナルアルバムのStereoミックスはちょっと違和感あったし。

彼女らの未発表曲を集めたアルバムは、2005年にもCD2枚組47曲入りの
”Spellbound: Motown Lost and Found”というかなりのボリュームのセットが出たんですが、今回の未発表曲はそれとは全くダブリもないです。
曲のクオリティも"Spellboud"同様、これまで日の目を見なかったのがもったいないくらいに高く、さすがモータウン帝国、一体どんだけお宝音源があるんだ?って感じです。

Disc 1と2の歴代シングルを通して聴いてみると、初期のいかにもガールグループっぽい曲から、"Heatwave"や"Dancing In The Street"あたりのパンチの効いたヒットを飛ばして乗りに乗っていた絶頂期、後期にはサウンドが徐々にゴージャス感を増して大人っぽくなっていくモータウン・サウンドの移り変わりもよくわかります。

1曲大ヒットが出ると、すぐにそれの焼き直しみたいな曲を立て続けに次々と出してくるのも非常にわかりやすいですね。昔のブラックミュージックの世界ではありがちなことですが、こういう節操のないところがまた楽しいといえば楽しい。
グループの終わり頃の楽曲には、何となく祭のあとのような寂寥感を感じてしまうのは気のせいか?まあ当時作ってる方は別にそんな気分はなかっただろうけど。

vandellas_2.jpg

CDのパッケージも7inchシングルサイズの豪華なブック型で、きれいな写真も豊富だし、持ってて気分のいい仕上りになってます。
このHip-Oの50周年シリーズは他にTemptationsやFour Tops、Supremesも出てますが、
1個持ってると次々欲しくなってきてしまう..。
Marvellettesのはまだ出てないみたいだけど、そのうち出るんかな?

音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

十三夜の名月

2013/10/18 Fri 18:38

十三夜

台風一過、くっきりと晴れた昨晩17日は十三夜の名月でした。
久しぶりに買ったデジカメ、フジのXF1で試し撮り。
まだ操作をあまり覚えてないんで何とも言えないんですが、
6枚絞りの光芒がいい感じで出てます。

台風といえば伊豆大島で土石流の大きな被害が出ました。
一人でも多くの方が助かるようお祈りします。
来週も更に強い27号が接近するとのこと、十分にご注意を。

日日 | コメント(2) | トラックバック(0)

友達夫婦が遊びに来る

2013/10/16 Wed 18:36

三連休に群馬在住の大学時代の友達が奥さんと一緒に遊びに来ました。
久しぶりに友達の顔も見られたし素敵な奥さんとも初めて会うことができて、
短いながらも楽しい時間でした。
彼らは夫婦で音楽ユニットを組んで活動してるんですが、
もらったライブのCDRがなかなか良くて、仕事しながらずっと聴いてます。

昔は自分もギターを弾いたりDTMで曲を作って遊んだりしてたけど、
最近はほんと何もやってないなあ…というわけで、
友達に会ったことが刺激になり、久々に何か始めてみようかという気になってきました。
手始めにGarageBandでもちょっと触ってみようかな。

朝いっちゃん
朝市のゆるキャラ、朝いっちゃんと記念撮影!

日日 | コメント(2) | トラックバック(0)

秋の高洲山へ登る

2013/10/10 Thu 18:40

漆の里輪島 高洲山健康ウォーク 2013
というわけで10月6日の日曜日、
会社の同僚と奥能登最高峰の高洲山(567m)に登ってきました。
春の山開きには何度か登ったこともあるけど、秋は初めて。

高洲山
田んぼもすっかり黄金色です

高洲山
奥能登の山並み  薄日にススキが銀色に輝いて、秋だな〜と

高洲山
頂上付近から望む輪島市街です

能登・北陸 | コメント(0) | トラックバック(0)
この間Googleマップを見ていたら、東北の私の郷里の町がようやく
ストリートビューで見られるようになってたのを発見。
生まれ育って18まで過ごした町や、高校のあった町などをうろうろ歩き回ってみました。

でもこうしてストリートビューで見てみると、何だかほんとに寂れてんな~、と..。
昔よく行った店もサビだらけになってシャッターは閉まっててるし、
友達の家もなくなってたり、商店街にも結構空き地が増えてたり。
近年もたまに帰ったりはしてるけど、なかなか町中をゆっくり歩く機会はないんで、
あれ、こんなんだったかな〜?と。実際とはちょっと印象が違って見えますね。

んで、そうだ!と思いついて、
高校時代に憧れてた女の子の家にもつい行ってみました..。σ(^_^;)
通学路の途中と言えなくもない場所にあったんで、
学校帰りによくその娘の家の前を通ったりしたもんですが、
今見てみたら当時と全く変わりなく、彼女の家はしっかりそこにありました。
うん、良かった良かった。
..って何が良かったのか自分でもよくわかりませんが、
まあ懐かしいといえば懐かしいですね。とても。
ちなみにこういうのもストーカーになるんかな?w

..でも彼女は今どこで何してるんかな~。
きっと結婚して子供もいたりするんだろうな~。
可憐でお姫様みたいだったけど、すっかりオバさんになってんだろうな~。
まあこっちもすっかりオッサンだけど。同い年だし。はは。

..などと考えていたら、つい若い頃のことや何やかや、いろいろ思い出してしまいました。
でも思い返せばほんとにしょーもない、トホホな青春を過ごしてたような気がしますね〜。
まあ今も大して変わってないですが。
それにしても、年を経ると時代も故郷もどんどん遠くなっていくもんですね。

でも彼女ほんとに今どこで何してるんだろうなあ…。

考えごと | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |