国宝 薬師寺展に行く

2013/06/29 Sat 16:34

石川県立美術館での「国宝 薬師寺展」の最終日(23日)に行ってきました。
最終日だけあってかなりの混雑でしたが、さすがに由緒ある薬師寺、見応えは十分でした。
何でもこの展覧会は、県立美術館史上2番目の入場者数だったそうです。
展示品の中からいくつか感想を。

今回の目玉の一つ、国宝の「聖観世音菩薩立像」は実に生き生きとして端正で整った美しさでしたが、その両脇にあった結構傷みの激しい2体の木像の佇まいにより惹かれるものがありました。銅像よりも木像が好きなせいもあるんでしょうけど、何で人は古く廃れたものにこれほどの美しさを感じるんでしょうね?

日本最古の彩色画といわれるこれも国宝の「吉祥天女像」は、2階の展示室にこれ1点のみが飾られています。ライティングの妙でほのかに光り輝き、まるで液晶ディスプレイで表示されてるようです。この絵は思っていたよりも小さくて、照明も抑えられているんで細部まではあまり良く見えなかったんですが、額縁として薄型の厨子に嵌め込まれていて、その設えが何とも神々しくていい雰囲気でした。

あと、塑像の残欠(粘土が半ば崩れ落ちた塑像の木芯など)にも非常に心惹かれました。
展示が円形に配置されていたせいもあるのかもしれませんが、何だか現代美術のオブジェを見ているようです。
朽ちかけたこれらの残欠をひとつひとつ眺めていると、往時の人たちの切実な祈りがこれらの小さな破片に込められているような気がしてきます。

ところでちょうど入場したときに入口でお坊さんのレクチャーがあって聞いていたんですが、薬師寺のお坊さんってほんと皆さん話し上手なんですよね~。
約30年前高校の修学旅行で京都・奈良を訪れたんですが、そのときにも薬師寺のお坊さんの話が漫談みたいに面白かったのを記憶しています。
(確か、法隆寺の五重塔よりワシらの東塔のほうがイケてるぞ、みたいな話だったかな)
お坊さんの話が上手いというのは、これは薬師寺の伝統なんでしょうか?
この日は薬師寺のトップ3が来館されていて、図録や著書を買えば見返しに一筆お言葉を書いてくださるということで、たくさんの人がお坊さんの話し上手に乗せられて?図録や本を手に行列に並んでましたね。

というわけで入場料も1,300円とちょっと高めでグッズや土産物も豊富、若干商売熱心な空気も感じないではなかったのですが、地元金沢でこれだけのお宝を至近距離で観ることができたんでまあ良かったかな。
そういえば奈良や京都は近年も仕事その他で何度か行ったけど、ゆっくりお寺を見て回るようなことはもう随分してないですね。一度時間を取っていろいろな寺院をじっくり見て歩きたいものです。

スポンサーサイト
工芸・アート・デザイン | コメント(0) | トラックバック(0)
先日鵜川のTさん宅でナマズとスッポンをご馳走になりました。
Tさんと大学生の息子さんが、河北潟の近くで釣ってきたんだそうです。
実は子供の頃から亀が好きで飼ってたりもしてたんで、
スッポンも何となく抵抗があって今まで食べたことがありませんでした。
学生時代にもメニューにスッポンラーメンてのがあるラーメン屋があったけど、
普通のラーメンしか頼んだことはなかったなあ。値段も高かったし。
でもまあ今回せっかくの機会なんでお相伴にあずかることに..。
きっと美味いのは間違いないだろうし。
というわけでナマズとスッポン初体験してきました。

スッポン
在りし日のスッポン君

捌くところからずっと見てたんですが、彼らの生命力はスゴイですね。
ナマズは半身にされてもバタバタ暴れてるし、
スッポンも頭を落とされてもさっきまでと同じように動き回ってます。
ナマズはメスでちょうど卵を持っていて、その卵は鮮やかな黄緑色でした。
この卵の色がちと強烈で、捌いてる最中は若干エグかったんですが、
切り身にした魚肉だけ見れば結構きれいな薄ピンク色で、
見慣れたパック詰めの海の魚と同じで何だか美味そうに見えてきます。
ほんと我ながら現金というか、勝手なものだな~と..。
今回私は捌くのを見てただけですが、もしやれって言われたら
ナマズならがんばれば何とかイケそうだけど、
スッポン君はちと無理かな~、やっぱ亀好きだし..。(でも食いましたけど。)
ちなみにスッポンは膀胱と胆嚢以外は内蔵も全部食べられるんだそうです。

ナマズ
捌かれるナマズさん

というわけでナマズはTさん特製のタレで蒲焼きに、
スッポンは昆布だしで生姜とネギと一緒に鍋にしていただきました。
はっきり言って、どっちも非常に美味かったです。
ナマズがあんなに淡白で上品な味だったとは思いもよらず。
スッポンもどんな味なのかな~と楽しみにしてたんですが、
それすら良くわからないくらい全くクセもなく、いかにも
コラーゲンたっぷりなプリプリの食感で最高でした。
後日Tさんに会ったら、すっかり味をしめて
また何度かナマズとスッポン釣りに行ってるそうです。

ナマズ
炭火でナマズの蒲焼き

スッポン
スッポン鍋

余談ですが、以前読んだ北大路魯山人の本によると、
オオサンショウウオも非常に美味しいんだとか。
捌いている最中には山椒の強い香りが部屋中に立ちこめたそうで、
山椒魚という名もそこから来てるんじゃないか、ということでした。
天然記念物なので今は食べることはできませんが、
そんな美味いのならこっそり食ってる人がいそうですね。

日日 | コメント(2) | トラックバック(0)

蜘蛛と雲

2013/06/18 Tue 17:55

蜘蛛と雲

北陸地方も今日梅雨入り宣言が出ました。梅雨入り前の夕暮れの1枚。

日日 | コメント(0) | トラックバック(0)

いきなり夏が来た?

2013/06/15 Sat 11:44

何だか急に真夏が来てしまったみたいですね。
今年もタチアオイがきれいに咲いています。これは輪島川の河口近く。

タチアオイ


日日 | コメント(0) | トラックバック(0)

異形の狛犬

2013/06/06 Thu 21:02

輪島市の三井町本江にある「大幡神杉伊豆牟比咩神社」
(おおはたかむすぎいずむひめじんじゃ)
この神社に先日初めて立ち寄ってみたんですが、参道にそって2組ある狛犬のうち、
奥の方にある狛犬の姿がちょっと変わってて面白かったです。
何だか異界的というか、宇宙的とでもいうか..。
狛犬の様式については全然知らないんで
詳しい人が見たら特に珍しくもないのかもしれませんが、
この造形のルーツはどのへんにあるんかな?

大幡神杉伊豆牟比咩神社の狛犬

大幡神杉伊豆牟比咩神社の狛犬
うん

台座には数名の寄進者と思われる方々の名前は刻まれてますが、
年代などは見つけられませんでした。
試しにGoogleで「狛犬」を画像検索もしてみたけど、
こんな感じのはあまり出てこないですね。

大幡神杉伊豆牟比咩神社の狛犬
あ UP

石川県神社庁のウェブサイトによると、この神社は
「延喜式内の古社として知られ、猿鬼退治の伝記で有名、
大幡まつりの礼式は特異な存在として伝えられる…」とのこと。
能登には古い祭もたくさん残っていて、「神の住む国」ともよく言われてますが、
結構身近にまだまだ知らない面白いものがあるもんだな~、と再認識した次第。

大幡神杉伊豆牟比咩神社の狛犬
あ 側面図

能登・北陸 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |