ふじ丸 at 輪島マリンタウン

2012/09/29 Sat 23:45

ふじ丸

9月29日、今年も輪島港に大型客船のふじ丸が来ました。
夕方、出港の様子を見物。グレンダイザーもお見送りしております。

ところで輪島市は「日本一のおもてなし」を目指しているんだそうです。
輪島は観光客のリピート率が低いという話を以前聞いたことがありますが、
そんな汚名を返上してたくさんの人に何度も来てもらいたいものですね。

スポンサーサイト
能登・北陸 | コメント(0) | トラックバック(0)

奥飛騨・平湯温泉の宿

2012/09/27 Thu 18:50

先日仕事で岐阜県は奥飛騨温泉郷の宿に泊まる機会がありました。
その宿の館内がなかなか ”つげ義春ワールド” してたのでちょっとUP。

中村館
白蛇とイタチ?の戦い

中村館
大陸製の木彫、かなりの力作です

中村館
ケモノがバスケしております

中村館
この雰囲気、たまらんです

中村館
そしてやっぱりお約束、ツキノワグマ

仕事とはいえ、夜は温泉でのんびりできました。
平湯温泉の中村館という宿です。

| コメント(0) | トラックバック(0)
秋田県内で撮った空いろいろ。
夏、東北へ里帰りする度に思うのが、北陸の空とは雲の表情が何か違うなー、と。

秋田の空

秋田の空

秋田の空

帰途、国道7号線の秋田〜山形県境付近を走行中です。
国道7号線_鳥海山

国道7号線_鳥海山
ほんとはここに鳥海山が雄大に見えるはずなんだけど、
残念ながらこの日は雲が多くて見えませんでした。

おまけ。土砂降りの新潟県を抜けて富山県まで来ました。有磯海の夕焼けです。
有磯海

| コメント(0) | トラックバック(0)
盛岡で以前から一度訪れてみたかった光原社へ。
光原社という社名は宮沢賢治が名付け、賢治の生前刊行された唯一の童話集
「注文の多い料理店」の出版元としても知られています。

現在は民藝品や家具を扱うお店となっていますが、本館の他にマヂエル館、カムパネルラ、
可否館、えげれす館..といった小さな建物に囲まれた中庭の雰囲気がとても良く、
民藝品を眺めたり可否館で美味しいコーヒーを飲んだりしながら
ゆったりと気持ちのいい午後を過ごすことができました。

商品では光原社オリジナルの秋田は角館の桜皮細工のコーヒー豆入れが素敵でした。
桜皮細工といえばやっぱり茶筒が思い浮かびますが、このコーヒー豆入れは
木地の蓋にロクロでネジが切ってあって、デザインもモダンです。
あとは光原社の漆工房製作の、卵殻を大胆に使った漆器も目を引きました。

光原社

光原社


光原社
赤れんが造りのマヂエル館。この中では宮沢賢治直筆の原稿や資料などが展示されていて、
賢治の童話を題材にした柚木沙弥郎さんの型絵染めも鑑賞することができます。
型絵染めの絵はほっこりとしていて美しく、記念にポストカードのセットを買ってきました。

光原社
中庭には宮沢賢治の記念碑も。
細長い石碑には「烏の北斗七星」の中から次の言葉が刻まれています。
「あゝ、マヂエル様、どうか憎むことのできない敵を殺さないでいゝやうに
早くこの世界がなりますやうに、そのためならば、わたくしのからだなどは、
何べん引き裂かれてもかまひません。」


光原社可否館
光原社可否館
可否館にて名物のくるみクッキーとコーヒー。カップは島根の出西窯ですね。
このアンティークのお皿はどこのでしょうか?

光原社
後ろは北上川。気持ちいい風が吹いてきます。

今回は時間がなく寄れませんでしたが、次に来る機会があったら
花巻の宮沢賢治記念館にも行ってみようと思います。

| コメント(2) | トラックバック(0)
9月の初旬、お盆に帰れなかった東北の故郷へ里帰りしてきました。
せっかくなので仙台~盛岡~秋田と回ってこようということで、
休みを取って3泊4日の小旅行に。
4日間で走行距離1,720km、運転は結構疲れましたが、
しばらく会っていなかった叔母さんやいとこ達にも会えたし、
久しぶりに墓参りもできてとりあえずホッとしております。
被災県にも少しはお金を落とせたかなと。

実家には今は誰も住んでいないので、近くの叔父さんの家に泊めてもらいました。
叔父さんと叔母さん、いつもお世話になって本当にありがとうございます。

というわけで道中の写真から適当にUPします。
仙台で泊まったのが江陽グランドホテル。ここのロビーが実に素敵でした。
大理石彫刻やブロンズ彫刻、象牙細工や珊瑚細工など西洋の美術品や調度品がたくさん。
広いロビーいっぱいにゆったりと置かれ、まるでちょっとした美術館のようです。

江陽グランドホテル

江陽グランドホテル

江陽グランドホテル

江陽グランドホテル

美術品の価値は私にはわかりませんが、なかなかいい雰囲気のホテルでした。
オーナーのコレクションなのかな?
そういえばオーナーの胸像もこれらに混じってさりげなく置いてあったような気が..。
いずれにしろ、仙台へ行く機会があったらこういうのが好きな人は一見の価値ありかも。
仙台宮城インターからまっすぐ1本道でわかりやすく、値段も特別高くもないし、
繁華街の真ん中なのでロケーションもgoodです。

| コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |