飼い喰い 三匹の豚とわたし

内澤さんの本を読んだのは抜群に面白かった「世界屠畜紀行」以来2冊目。
「世界屠畜紀行」では国内外の屠畜の現場を詳細にルポしてくれてましたが、
今回読んだ「飼い喰い 三匹の豚とわたし」はその前段階、つまり豚という生き物が生まれてから肉になるまでの一部始終を知りたい、ということで、千葉県に移住し廃屋を借りて3匹の豚を育て、つぶして食べるまでの体験記となっています。
いろんなトラブルやアクシデントに見舞われながらも、体当たりで3匹の豚を慈しみ育てる様子がユーモラスかつ冷静に綴られ、読み進むうちに何だかこっちまで伸、夢、秀と名付けられたこの豚たちに愛着が湧いてきました。

自ら育てた豚の肉を口に運び、噛み締めたときの内澤さんの思い、
「私の中に、胸に鼻をすりつけて甘えてきた三頭が現れた。
彼らと戯れたときの甘やかな気持ちがそのまま身体の中に沁み広がる。
…私のところに帰ってきてくれた…ずっと私の中に一緒にいてくれる」
という言葉にはぐっときました。
人間が動物を食べるために飼う、そしてその命で自らの命を養うことの意味をずっと考えてきた内澤さんならではの思い、なんでしょうか。

ところで自分なら自分で育てた動物をこうやって食べられるかな~と考えてみたけど、やっぱり何だかそれはできそうにないです。
肉は牛豚鶏馬羊etc.と、何でも好きで食べるんですけどね。
一般的な日本人の生活の中では、こういうことをリアルに考えること自体が難しいのかもしれません。遊牧民からは笑われそうですが、やっぱりこのへんは日本人のメンタリティなんでしょうか。まあメンタリティだけで片付けていい話でもないとは思うのですが。
それでもこの本を読んでからは、これまではただの食材としか思っていなかったパック入りの豚肉を見ても、そこに豚という生き物の命がしっかり宿っていたことを否応無しに感じてしまうようになりました。
ちなみに家畜の霊を鎮めるための「畜魂碑」を建てるのも、世界の屠畜場を取材してきた内澤さんの知る限りにおいても日本だけなんだそうです。

この本では自らの飼育記録の他にも、養豚の実際の作業現場や、様々な立場から見た畜産業界の実情などもルポされています。
かつてはどこの農家でも庭先で2,3頭の豚を飼って野菜くずや残飯で育てていたのが、現在では人里離れた大規模工場みたいな養豚場での飼育が主流で、口蹄疫などの感染症対策のために人の出入りも厳しく制限され、徹底的に衛生管理されているんだそうです。
そういえば私の実家の隣も兼業農家で豚を飼っていて、子供の頃は毎日夕方になるとその家の奥さんが豚に食べさせるために生ゴミをもらいに来てました。
ときたま豚の凄まじい叫び声も聞こえてきて、ああ今日は出荷の日か、とか思ったり。
あんなのどかな時代はもう遠くに過ぎ去ってしまったんですね。
他にも豚の交配や出産、去勢の生々しい現場の作業の様子や、ズーコンポストというハエの幼虫を使った糞尿処理リサイクルの話なんかも非常に面白かったです。

あと「どうしても一度試してみたかったエサ」の話、
ここで詳しくは書きませんが、切ないながらもどうにも可笑しくて笑ってしまいました。
それにしても内澤さんの興味の対象や発想力、行動力はほんとにすばらしく、こういう女性は心から素敵だな~と思います。
屠畜紀行の方も「もう一周! 世界屠畜紀行」ということで続編が進行中だそうで、こちらも今からとても楽しみです。

スポンサーサイト
本・映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
志賀原発の直下に活断層がある可能性で再調査。
って、オイオイ何だよ今さら、勘弁してくれよ、と言いたいですね..。
専門家の中には、「典型的な活断層だ。あきれてものも言えない」
「よくこんなものが審査を通ったというくらいだ」
とまで発言された方もおられるようで、これはちょっと心配。

志賀原発で何かあったら、私たち奥能登の住民は逃げる場所がないですね。
原発から遠く離れるには陸路では南へ逃げるしかないですが、
そうすると一旦原発のすぐ近くを通らないといけません。
きっとひどい渋滞にもなるだろうし。

ところで、再調査を当事者の北陸電力がまたやるというのも、
何だかヘンな話じゃないんですかね、これは。
そのへんの手続きはよく知りませんけど。
活断層ということになれば廃炉の可能性が高まるそうですが、
北陸電力としてはそれだけは絶対に避けたいでしょう。
「やっぱり活断層でした」なんて結論を出すわけがない。
現に報道によると北陸電力の堀副社長は、
「…十分な追加調査で、必ず問題ないことを県民に立証したい」
「廃炉の可能性はない」と語っています。

真実に近づくために再調査を行うのだと思うのですが、
これでは「活断層ではない」という結論ありきで、
それを認めてもらうためにがんばります、って言ってるわけで、
非常に違和感を感じてしまいます。

第三者による客観的な調査、というものがそもそもこの国で可能なのか?
という疑念もありますが、福島であれだけの被害を出しておきながら、
未だに「安全神話」に頼ってるように見えるのは私だけでしょうか。
言いたくはないけど、北陸電力には臨界事故を
8年間隠蔽していたという「前科」もあるし。
ここは地域住民の安心と信頼を第一に考えて、
くれぐれも再調査が政官業一体となった茶番劇にならないように
しっかりお願いしたいところですね。

世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)
昨年9月に続いて今年もクルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」が
輪島港マリンタウンに入港したとのことで、またふらふらと見に行ってきました。
(7月8日と13日・写真は13日に撮影)

ぱしふぃっくびいなす'12
まえ

ぱしふぃっくびいなす'12
うしろ

客船の寄港で地元にどれだけの経済効果があるのか?
という話も聞きますが、とりあえずこういう大きい建造物を
間近で見られるのはまあ理屈抜きに楽しいですね。

ぱしふぃっくびいなす

「ぱしふぃっくびいなす」は全長183.4mで日本で2番目に大きい客船ですが、
10月3日には240.96mで日本最大の「飛鳥Ⅱ」が寄港するそうです。

能登・北陸 | コメント(0) | トラックバック(0)

タチアオイが盛りです

2012/07/10 Tue 17:40

立葵の花です。派手な色で姿もいいし町中でも目立ちますね。
この花が咲くといよいよ夏だな~という気分になってくるのだ。

タチアオイ

タチアオイ


日日 | コメント(4) | トラックバック(0)
東京スカパラダイスオーケストラ金沢公演、行ってきました。
(7月1日 18:00~ 金沢市・本多の森ホール)
約7ヶ月前(11/25)の羽咋でのライブにも行きましたが、
今回は最新アルバム ”Walkin'” 発売に合わせたツアー、
地方公演は今日ここ金沢が最終日ということで非常に盛り上がり、
いつもながら理屈抜きに楽しさ満載のライブでした。
本多の森ホールは石川県で2番目に大きいホールで、
座席数は去年のコスモアイル羽咋の倍近くあるのですが、
最後尾までほぼ埋まってました。やっぱ人気ありますね。

スカパラ_金沢
開演前のロビーですがたまたま前を通った女性が
思いっ切りカメラ目線で写ってたので、一応ボカシときました..。

ライブは最新作の”Walkin'”からの曲を中心に、
おなじみのアドレナリン出まくりの高速爆音スカと、
ソロをフィーチャーしてしっかり聴かせる曲をバランス良く配した構成。
(ところで今回のアルバム"Walkin'"はほんといい曲が多いですね)

もちろん皆さん役者揃いのなので、
ご当地ネタMCも含めいつもながらの楽しさも盛り沢山。
"Brazil"がなぜか途中からクィーンの”We Will Rock You”になり、
フレディ・マーキュリー(=沖氏)とブライアン・メイ(=加藤氏+ヅラ)も登場、
谷中氏もMCで語ってましたが、実に”自由な”演出でした…。w
(加藤氏のブライアン・メイ・モデルはわざわざこのために…??)

今回意外にも?非常に目立ってたのがキーボードの沖氏。
去年の羽咋ではほとんど前の方には出て来なかったのですが、
今回は上述のフレディに扮したり寝転がって弾きまくったりと、かなりはじけてましたね。
アルバムではゲストの上原ひろみさんのピアノがすごかった「水琴窟」
この曲での沖氏のソロも負けず劣らずの超絶プレイ、最高でした。

公演終了のアナウンスが流れ客電が灯っても
再度アンコールを求める歓声はなかなか治まらず、
この雰囲気だとひょっとしたらまた出てきてくれるかも?と期待。
残念ながらそれはナシでしたが、
最後まで会場一体となって熱くなったライブでした。
今回も汗だく、帰りはみんなジム帰りみたいになってました。
それから今度「ヤッホー茶漬け」の店もチェックしとこうと思います。

※この日のライブの写真はこちら(オフィシャルのスタッフダイアリーの写真です)

音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |