アメリカの宇宙探査機ボイジャー1号が、もうすぐ太陽系を脱出して
恒星間空間に達するそうです。はあ、すごいな..。
人間が手をかけて作ったものがそんな遠くまで旅をしているなんて、
やっぱりロマンを感じてしまいますね。
そういえば昔パイオニア10号っていうのもあったと思うけど、
あれは今はどのへんを飛んでるんだろう?
まあどのへんって教えられてもピンと来ないだろうけど。
宇宙人に向けたメッセージの絵が描かれた金属板が載ってるやつですね。
子供の頃、あの絵をわくわくしながら眺めていたのを思い出します。

でも太陽系を脱出したと言っても、
銀河全体を眺めてみればほとんど動いてないに等しいような距離。
でもその天の川銀河でさえ、あまたある銀河の一つにすぎず、
この宇宙から見たらただの点みたいなもんか。はあ..。
宇宙の想像を絶する広さを感じてしまいます。

galaxy cluster

というわけでこれらの写真はハッブル宇宙望遠鏡が撮影した銀河団ですが、
ここに写っている銀河のどこかに、人間と同じような
意識を持った生命体がいて、向こうも私たちの銀河を眺めて
この中に誰かいないのかなあ…とか考えているんでしょうかね?
確率としてはかなりあり得る話だとは思うのですが。

こんな写真を眺めていると、かつてこの中のどこか片隅の惑星に生命が生まれ、
文明を発展させ、その中で我々と同じように悩んだり争ったりしながら生きて、
でもいつか滅びて、恒星の寿命とともに惑星も消滅して、
まるで始めから何も無かったようなことになってたりするのかなあ、とか
想像してしまうのですが、そうなると宇宙から見ると我々の存在って一体何なのか、
何でここにいてこんなことをうだうだ考えているのか?何か意味があるのか?
人類が作り上げてきた文明や文化、蓄積してきた知識や英知も
結局誰にも知られず、痕跡すら残さず消えていくのか?
なんてことまで思ってしまいますが、考えすぎですかね。
まあそれはそれでスッキリするような気もしないではないですが。

galaxy cluster

ところで人間がこんなにも遠くの事象をこうやって認識できている、
というのも何だかすごいことだなあ、と思います。
こんなとき人間は”論理”というものの力を借りつつ認識しているわけですが、
ところでその論理を考えているときとか、何かを”理解”したときとか、
一体脳の中では何が起きているんでしょうかね?
物質でできている脳の中で、何で意識という現象が生まれて、
それはどういうしくみで働いて、こんな宇宙の彼方のことまで
一応認識できちゃったりしているんでしょうか?

地球の環境に適応して進化してきた人間は、
基本的に五感とそれを拡張して世界をとらえているわけですが、
ならば環境の違うどこかの星にいる知的生命体は、
私たちとはまったく違うやり方で世界を認識して、全く違う論理を組み立てて、
それを使って世界を理解してるんでしょうか?
そうしたら彼らのとらえている世界は一体どんな姿をしてるんでしょう?
あるいは全宇宙共通の、プラトンの言うイデアみたいなもんがあるんでしょうかね?
ちと話がそれましたが、意識のことを考え始めると、
考えれば考えるほど不思議でたまらんのです。

スポンサーサイト
考えごと | コメント(2) | トラックバック(0)

夏至の頃の袖ヶ浜

2012/06/23 Sat 19:22

いつの間にか夏至を過ぎていました。
今から夏になるというのに、夏至が過ぎて
これからだんだん日が短くなっていくのかと思うと、
何となく一抹の寂しさも感じてみたり。

袖ヶ浜に沈む夕陽も目一杯右に寄ってます。

袖ヶ浜

袖ヶ浜

能登・北陸 | コメント(2) | トラックバック(0)
今年も輪島漆芸美術館で、漆工芸を学んだ全国の大学生の卒業・修了作品展、
「漆芸の未来を拓く-生新の時 2012-」が開催されています。(6/24まで)
例年通り、学生時代ならではの想いのこもった作品が並び、
見ているこちらも瑞々しい気分になってきます。気になった作品をいくつか。

会場に入ってまず目を惹いたのが、富山大・新谷仁美さんの「繭の箱 蚕の箱」
黒いメッシュの箱、その中と上に大きな白い蚕蛾がいます。
独特な雰囲気と存在感があって、オブジェとしてなかなか魅力的です。
でもこのメッシュの箱はどうやって作ったのかな?
あれこれ考えてみましたが、いずれにしろ
塗りや研ぎの作業には相当な手間がかかってそうな力作です。

金沢美大・長谷川悠希さんの動物の形をした杯 <microcosm> は、
どれも上手いですね〜。造形もユーモアがあって巧みで、
軽やかなセンスを感じます。作者のコメントにもあるとおり、
「ほんの少しだけ日常を鮮やかにしてくれる」漆の多様な表現をうまく生かした、
愛すべき小品、といった感じでしょうか。
見ていて楽しく、コレクションしたくなる器です。

京都市芸大の入澤あずささん「遥かなる音色」
オウム貝と黒漆を組み合わせたシンプルな作品なのですが、
素材そのものが持っている輝きを最大限に引き出して、
相性の良いこの2つの相乗効果を生かした非常に美しい作品に仕上げています。
滑らかな乾漆のフォルムもオウム貝と見事にマッチしていて、
細部まで気を遣った繊細で丁寧な仕事の跡がはっきりと感じられます。

これら以外にも、若者らしいアイディアに満ちた魅力的な作品がたくさん。
完成度はともかく、思い切りパワーをつぎ込んだ多くの作品の熱気にあてられて、
こっちも何だかやる気が出てきました。

工芸・アート・デザイン | コメント(2) | トラックバック(0)
先週、所用のため大阪へ。
大阪は20年くらい前に友達の結婚式で一度行ったくらいで、ほんとに久しぶりです。
行く直前に何かイベントでもないかとチェックしてみたら、
ちょうどその日(6月4日) ビルボード大阪でブーツィー・コリンズのライブが!!
これは行くべし、と思いながらもよく見たら、
一晩2公演のうち2ndは売り切れ、チケットもなぜかやたらと高いし、
うーんどうしようか?... 若干迷いましたが、
まあせっかくなので1stに思い切って行ってきました。

bootsy

IntroはいかにもP-FunkなアニメーションをバックにSEで最新アルバムの1曲目が流れ、
そのままバンドの演奏になだれ込みスタート。
盛り上がったところでBootsyが登場、一気にヒートアップ。
まあいつもながらお約束のド派手奇天烈な衣装です。
バンドはブーツィーも入れて15人くらい、狭いステージで若干窮屈そうでしたが、
バリバリの爆音Funkを炸裂させてくれました。音がでかいです。
行く前に、この手の会場でブーツィーの怒濤のFunk攻撃はアリなのか?
と若干心配してましたが、前の方のお客さんはやっぱり皆さん
立ち上がってテーブルの横で踊ってました。そりゃそうですね。

Bootsyは出たり引っ込んだり、その度にお召し替えで楽しませてくれます。
最後はこれもお約束? 客席に降りて行って、観客一人一人と
ハグして頭と頭をごっつんこ、そのまま退場で終了。
私の席は出口と逆の方だったので来てくれず、残念。
1stだったせいか時間も短めで、アンコールもなしでした。
特筆すべきは、Bootsy Girlsの一人がとても可愛かったことでしょうか。w

よく考えたら私はP-Funk系を生で聴いたのはこれが初めてですね。多分。
後で知ったのですが、当初バーニー・ウォーレルも参加する予定だったのが
中止になったとのこと、これまたちょっと残念です。
終了後、キンキンする耳と、腰に来るこのFunk beatに火照った体を鎮めに?
道頓堀へ移動、お好み焼きとラーメンを食ってホテルへ帰りました。

chibo_ okonomiyaki
道頓堀、千房のお好み焼き

音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)
6月になっても芽が出てこなかったので、ひょっとしてこの冬の寒さでやられたのかな?と
心配していたアデニア・グラウカさんから、ようやく葉っぱが出てきました。まずは一安心。

アデニア・グラウカ

日日 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |