リヴォン・ヘルム、ドナルド・ダック・ダンと、
先月から好きなミュージシャンの訃報が相次いで届いています。
The BandもSTAXのソウルも昔からずっと大好きだったんで、
ほんとに寂しいですね..。
The Bandの偉大な3人のボーカリストはこれで皆逝ってしまいました。
リヴォンが亡くなる数日前に、ロビー・ロバートソンが病床を見舞って
長い時間を共に過ごしたとのことですが、ちゃんと仲直りできたんかなあ。
リヴォンは最近まで味わい深い充実したアルバムを出し続けていたし、
ダック・ダンは東京でのライブを全て終えた後ホテルで急死ということで、
共に最期までずっと現役で活躍してくれました。
お2人のご冥福をお祈りします。長い間ほんとにお疲れさまでした。

で、今出ているレコード・コレクターズ6月号の特集は
「20世紀のベスト・ベーシスト・ドラマー100」ということで、
ダック・ダンは6位、リヴォンは12位にランクされています。
最近の、というか昔からか、コレクターズとかミュージックマガジンは
何とかベスト100、みたいな特集ばっかりやってて、
ほんと順番つけたり点数つけたりするのが好きな雑誌やな~、と
若干食傷気味でしたが、今回のベーシスト&ドラマー編は結構面白くて、
いろいろ聴き直してみようと思いました。
ちょっとロックに偏ってるような気もしないではないですが。

とか何とか思っていたら、Godfather of GO-GO、チャック・ブラウンも
この16日に亡くなったと知りました。
チャック・ブラウンは20年くらい前に東京でライブを観に行ったこともあります。
観客にはごっつい黒人の人もたくさん来てて何だかちょっと怖かったけど、
重低音の炸裂するGO-GOの黒〜いビートはもう最高でした。
当時は私も若かったので、ステージ真下までじわじわ進んで行って、
チャックさんとがっちり握手もしてもらいました。
その手は汗でべっとりしてたけどw、でかくて暖かかったです。
チャック・ブラウンも、どうか安らかに。

スポンサーサイト
音楽 | コメント(0) | トラックバック(0)

今日は金環日食

2012/05/21 Mon 20:35

今日は金環日食がありました。皆様のところではきれいに見られました?
ここ能登地方は金環食になる地域ではありませんでしたが、幸い天気は晴れ、
朝7時過ぎからだんだん太陽の光が弱まってきて、7時半過ぎに欠けが最大、
三日月型の太陽を観測することができました。
デジカメで太陽を撮ってみたら、レンズのフレアが三日月型に。

日食

金環日食
紅葉の木漏れ日も三日月型に。

せっかくなのでついでにちょこっと調べてみたら、2035年9月2日の皆既日食は
何とここ能登半島から北関東あたりが絶好の観測地になるんだとか。
へええ、そうなんだ。これはほんと楽しみですね。
この地球という星に生まれたからには、
やっぱり一度は皆既日食を体験してみたいものです。

…って、今から23年後か。だいぶ先だなあ。
果たしてその頃自分は生きているのか?
生きていたとして、何処で、何をしているのか?
世界は、日本は、会社はw、どうなっているのか?
あ、会社はその頃はもう退職してるしあまり関係ないか。

とりあえず今後はこの皆既日食を目標に、
健康に気をつけて過ごしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記:
東京在住の兄が撮った写真を送ってきてくれました。
薄曇りも幸いして、見事なリングになってますね。
金環日食


世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本民藝館へ行く

2012/05/17 Thu 00:00

ポロックを見に東京へ出掛けたときに、もう1カ所訪れたのが駒場の日本民藝館。
昔からある本館の方は何度か来たことがあるけど、
旧柳宗悦邸を修復した西館が6年前に一般公開されるようになってからは初めて。
一度来てみたかったのですが、今回やっと訪問できました。
というわけでまずは旧柳宗悦邸である西館へ。

日本民藝館
ファサードは栃木県から移築された長屋門、ほんとに美しくて立派。
瓦ではなく石葺きの屋根の造形が、和風をほんの少し逸脱した感じで面白いです。

日本民藝館
長屋門の屋根を横から見たところ。左奥が母屋です。

室内は撮影禁止でしたが、
さすが稀代の目利きの自宅だけあって、実に心地よく暮らせそうな空間でした。
日本の近代住宅は和洋折衷が基本かと思いますが、この家では
西洋の椅子やテーブルが、まるで最初からここにあるのが当然といった風情で、
和風の建築の意匠と見事に、平然と調和しています。
障子や欄間の桟や襖の引手、階段の手すりなどの意匠も、
至極ノーマルで声高な主張は何もしていないのにどこか引かれるし、
建物の内外至るところに、宗悦が繰り返し唱えた "無事の美" が
さりげなく活かされているのを実感しました。

屋内を見て回っていると、かつてこの家に民藝運動の同志が集まっては、
蒐集した品物を囲んで興奮しながら語り合ってたんだろうなあ、と感慨が湧いてきます。
庭を眺めてみると、ちょっと盛りは過ぎたけど桜がこれまたきれいに咲いていて、
ここにテーブルを出してお茶でも飲んだらさぞかし気持ちよさそう。

日本民藝館

柳宗悦の本は結構好きで何冊か読んでますが、
民藝理論云々を言う前に、文が格調高くて名調子というか、
私にとっては本を読むよろこびを感じさせてくれる人です。
そんな名著を数多く執筆した2階の書斎、机は黒田辰秋です。
扉の彫刻、いいっすね~。こんな机、欲しい。置くとこはないけど。
どっしりとした風格漂う椅子は、肘掛けに獅子頭か狛犬?の彫刻つき。
ユーモラスな顔つきで、ここに座っていると邪気を払ってくれそう。
宗悦さんもさぞやこの椅子を愛したのではないでしょうか。
それから西側の一室、作り付けの寝台みたいに一段高い部分のあるちょっと変わった部屋は、
昨年末亡くなった柳宗理さんの部屋だったそうです。

できることなら自分もこんな家に住んでみたいもんだなあ、
などと思いながら、西館を後にして道路をはさんだ本館へ移動。
この本館の建物も、何度来てもほんとに心地よく落ち着いた気分になります。
本館では「東北の工芸と棟方志功展」(6月10日まで)をやっていて、
以前からすごいデザインだな、と強烈な印象を持っていた山形や秋田の蓑や背中当も
じっくり見ることができたし、こちらも来た甲斐がありました。

それにしても、常設も含めて民藝館の展示を見る度に思うのですが、
宗悦さんてほんとにすごい眼力を持った人だったんだなあ、と今回もつくづく実感。
夕方、閉館時間いっぱいまで見て何となくほっこりした気分を抱えつつ、
こことは対極のような雑踏渦巻く渋谷へと帰途につきました。

日本民藝館
西館横の小庭。真ん中の彫刻は民藝館50周年を記念して
柳宗理さんがデザインした「不二之碑」

工芸・アート・デザイン | コメント(0) | トラックバック(0)

苧環と水仙の花

2012/05/11 Fri 21:03

オダマキ

オダマキ

鉢植えの苧環(オダマキ)の花が咲いてきたのでちょっとUP。
私の親父は生前オダマキとスイセンの花が好きだったそうで、
亡くなったときに私がこの二つの花の図案を描いてお墓の石に彫刻してもらいました。
というわけで先月咲いてた水仙の花もついでに。

スイセン

日日 | コメント(0) | トラックバック(0)

近江牛をご馳走に...

2012/05/03 Thu 18:11

先週末、いつもお世話になっている工芸家夫妻の
てっちゃん&みっちゃんのお宅で晩御飯をご馳走になりました。

すきやき

近江牛のすき焼き!! こんなスゴい肉はめったに食べられません。
みっちゃんの故郷、近江風の味付けと具に絶妙にマッチして、
肉厚なのに柔らかく、最高に美味でした。

お刺身

器の取り合わせもいつも渋くておしゃれで参考になります。
面白い話もたくさん聞けて楽しいひとときでした。
ほんとにいつもありがとうございます。
またいつでもお呼びください。 (*^_^*)ノ


日日 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |