”Love & Peace”

2017/09/03 Sun 22:21

毎年8月にはNHKで太平洋戦争関連の特集番組が放送される。今年は「本土空襲 全記録」「なぜ日本は焼き尽くされたか」「731部隊の真実」「戦慄の記録 インパール」「樺太地上戦」etc.…と、いろんな角度からあの戦争の実態を浮かび上がらせようとしていて、ほんとすごい取材力だな~と毎度のことながら感心する。録画して少しずつ見ていったが、非常に力の入った番組が多くて、ついつい引き込まれていろんなことを考えさせられた。
こういう番組を見るたびに、いつも一番悲惨な目に会うのは一般庶民であること、そして上層部のいい加減さ、無責任さに対する怒りで気が重くなってくる。同時に、近年だんだん怪しくなってきてるけど、戦争のない平和な時代に生きていることの有り難さをつくづく思う。

最近ネットニュースで目にした、タモリさんが以前語ったという、この世から戦争が無くならない理由「LoveさえなければPeace」という言葉。人は「愛」というものがあるが故に争う、さすがタモリさん、確かにある一面で本質をついた鋭い言葉だな~と思う。”Love & Peace”はすっかり常套句になってるけど、この世界の現実は”Love or Peace”ってことか。

「LoveさえなければPeace」は確かになるほどな〜と思うけど、でも仮にこの世に「愛」というものがなかったとしても、そもそもなぜ争いが始まるのか?と考えてみると、不平等や格差、抑圧という社会的な要因がやっぱり大きいんじゃないだろうか。本来なら分かち合うべき地球の限りある資源を不当に奪われ、それによって圧倒的に富と力を得ている相手に不条理に扱われ、虐げられていると感じたら、恨みや憎しみが生まれて何とかしてやりたいと思うのも無理もない。あとは、積極的に戦争を起こして儲けたいっていう立場の人もいるだろうし。

戦争のことを考えるたびに、いつもヒトという生物の本質って何なんだろうな〜と思う。何故、そうするように煽られたにしても、言葉にするのも憚られるような、恐ろしいほど残虐なことができてしまうのか?人間の歴史はイコール戦いの歴史といってもいいと思うけど、人間がお互いに殺しあうのは、もともと本質的にそういう動物としてプログラムされているものなのだろうか?

以前福岡伸一さんのコラムで、ヒトは遺伝子の命令から自由になれた初めての生物で、弱肉強食の中での種の保存よりも個体の生の充実、尊厳に価値を見出した...という話を読んだことがある。だとしたら、ヒトが元々は殺しあう生物だったとしても、今はまだ発展途上のヒトという種が、進化していつか格差のない社会を作り上げ、”Love & Peace”を実現する日が来るんだろうか?

..などと考えてみたりしている、夏の終わり、初秋の休日でした。窓の向こうでは稲刈りが始まってます。

IMG_0667.jpg
スポンサーサイト
世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本人でよかった?

2017/05/11 Thu 19:30

「私 日本人でよかった。誇りを胸に日の丸を掲げよう」という神社本庁のポスターの女性が、実は中国人だった、ということでいろいろモメてるようです。神社本庁という組織の性格からして、制作側にしたらこれはまあチョンボということになるんでしょうけど、実は逆説的な深い意図があったりして..。w

まあ人によってこの件の受け止め方は様々でしょうが、考えてみると(別にそれほど深く考えたわけではないですが)、この「日本人でよかった」という言い方はホントえげつないというか、全く無意味でくだらんものだな〜、というのが個人的な感想。だいたい「日本人」て何なんだろう?いろいろ定義はあるだろうけど、突き詰めるとどんどんその境界は曖昧になっていくし、結局は便宜的なものにすぎないんじゃないかな?と。

でも今回の件、人種や国籍で人を区別することの根本的な愚かさを考えるきっかけになれば逆に良かったのかも。「日本に住んでてよかった」とか「日本に生まれてよかった」ならまだ話は多少わかるけどね..。

世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)

2/3の意味ぐらいは..

2016/07/12 Tue 23:50

参議院選挙も終わり、いつものようにこの何とも言えない
もやもやした閉塞感に包まれていますが、
天気もそれに拍車をかけるようなどんよりした梅雨空続きです。

選挙前はバラエティばっかりで選挙の争点を取り上げるような番組も大してなかった割に、
開票速報の特番は各局競うように盛り上げてるのは何だか逆のような気もするなあ。

それにしても、過半数の人が2/3の意味を知らなかった、っていう報道があったけど、
本当の話なんかなこれは?
だとしたら日本という国も相当危ないところに来てるんではないかと。

世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)

不適切だが違法ではない

2016/06/09 Thu 18:17

最近何かと忙しく過ごしておりますが、それにしても
東京都の舛添知事の問題、「不適切だが違法ではない」って何なんだ全く。
安倍サンも安倍サンでしれっと「新しい判断」なんて言って平気な顔してるしな〜。
昨今の政治屋さん達の言葉はまるで理解不能ですね。

世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)

熊本地震の収束を祈る

2016/04/22 Fri 18:45

熊本の地震、少しは治まってきたんだろうか..?

2007年の能登半島地震のときに震度6強を体験したけど、
1度だけでもうたくさんなのに、あんな揺れやそれ以上のが
数日間のうちに何度も襲って来るなんて、ちょっと想像を超えた恐怖です。

気象庁もこれまでの経験則に合わない、というようなことを言っていたし、
南海トラフとの関連も取り沙汰されていて、この先どうなっていくのか非常に心配。

地面が揺れるのは人間の力の及ばないことだから祈るしかないけど、
川内原発は止めなくてほんとに大丈夫なんだろうか..?

ともかく、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りすると同時に、
被災者の方々が1日も早く元の平穏な生活に戻れるようお祈りします。

ところで能年玲奈さんの描いた”くまモンがんばれ絵”が
素晴らしいというので見てみたら、確かにイイですね。
女の子の何ともいえない表情や、くまモンをギュっと握っている手の感じとか、
眺めてると何だかじわじわ来ます。

→能年玲奈さんの"くまモンがんばれ絵"

世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)
先日の 「折々のことば」(鷲田清一) より引用

彼らは命令しないのです。 半藤一利

1944年秋、零戦で敵艦に体当たりして散る特攻作戦が軍令部で起案された。ある幹部が航空隊副長を言いくるめるため、副長に任せるという上官の架空の意思を伝えると、副長は上官が承知しているならと同意した。そしてそれは「澎湃(ほうはい)として下からの熱意に」よるとされた。誰も責任をとろうとしない体制は以後もずっと「志願」という形をとった。作家の「昭和史」から。



今も何も変わってない、いやらしい無責任体制。暗い気分になるなあ。

ちなみに大辞泉によると、「澎湃(ほうはい)」の意味は
1.水がみなぎり逆巻くさま。「―たる波浪」
2.物事が盛んな勢いでわき起こるさま。「新時代の気運が―として起こる」

世の中 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »