立葵

2017/07/05 Wed 23:02

タチアオイ

先月、同じ市内ですが郊外に引越しをしました。
新しい住まいの入口で立葵がお出迎え。庭にはアヤメも咲いてました。
こういうのがあると何だか嬉しいですね。

スポンサーサイト
日日 | コメント(2) | トラックバック(0)

アンクルトリスの楊枝入

2017/06/18 Sun 21:32

今TVでやっている、吉高さんと馬場くんが出ているトリスのCMに登場するアンクルトリスの人形。コレうちにも昔からありました。子供の頃からあるから、もう40年以上前のものじゃなかろうか?ちなみに楊枝入れになってます。

アンクルトリス

このキャラを作った柳原良平さんが、今働いている会社と所縁のある方だったこともあって、去年実家を処分することになり片付けに行ったとき、食器棚の中にあったこれが非常に気になり、捨てずに持って帰ってきました。

うちのコレは右手にトリスじゃなくてレッドのボトルを持ち、葉巻をくわえ左手にはピストルを構えたハードボイルド・バージョン。柳原さんの絵も好きなんでなかなか気に入ってます。

アンクルトリス
アンクルトリスなのにRedと書いてあるw

日日 | コメント(2) | トラックバック(0)

叔父さんの冥福を祈る

2017/02/22 Wed 19:37

何かと忙しくて、久しぶりの更新となりました。

先月末、郷里の秋田の叔父さんが亡くなり、葬儀のために夜行バスのとんぼ返りで行ってきました。親父のすぐ下の弟で、家も一番近くて親戚の中でも最も頻繁に行き来のあった叔父さんなので、とても寂しいですね。消防署員として長年働き、性格は朴訥としていて、大の巨人ファンで野球が何よりも好きな叔父さんでした。

両親が存命中から、夏にはさくらんぼ、冬にはりんごを毎年欠かさず送ってくれていました。叔父さんから届く季節の味は、いつも懐かしく故郷を思い出させてくれるものでした。ひとり残った叔母さんのことも気にかかります。

私の両親は二人とも兄弟姉妹の中で一番早く他界したので、残ったおじさんおばさん達は、両親亡き後は自分と郷里をつなぐような存在でもあったのですが、そんなおじさんおばさん達もこの10年ほどの間に一人二人とこの世を去っていき…、まあみんなそういう年齢なのでどうしようもないことなんですが、故郷がますます遠くなる一方でほんと寂しいですね。それに去年は実家も売却して人手に渡り、もう帰る家もなくなってしまったしなあ。今の生活に特に影響はないとはいえ、なんだか根無し草になったような気分。

「さよならだけが人生だ」という有名な漢詩の一節があるけど、自分も年齢を重ねてきたせいか、ほんとに年々この言葉が妙に実感として胸に迫ってくるようになりました。

山形駅
夜行バスで早朝に着いた山形駅、蔵王連峰からの朝焼け。
ここから奥羽本線を電車で秋田へ。

十文字
夕方帰る頃にはひどい雪になり..

十文字駅
駅も雪に覆われてます。いつも感じるんだけど、こんな風に故郷を離れるときの、
誰もいない冬の夜の駅ってほんと侘しいんだよね〜

日日 | コメント(0) | トラックバック(0)

佐渡のみかん

2016/12/06 Tue 19:32

佐渡出身の同僚Nさんから、佐渡産のみかんをいただきました。
まさか能登よりも北の佐渡でみかんが獲れるとは全く知らなかったんで、びっくり。

佐渡のみかん

Nさんの話によると、佐渡は日本の縮図と言われているくらい北と南の動植物が何でもありなところなんだそうです。
対馬海流の影響で冬は本州より1〜2度気温が高くて、南部ではりんごとみかんが共に実るとのこと。へえぇ〜(@o@)
こんな近くの土地のことなのに、まるで知らないことってまだまだいっぱいあるもんですね。

佐渡は他にも6月から始まるという薪能(日本に現存する1/3が佐渡にあるそう)とか、原生林、この間ブラタモリでもやってた金山とか面白そうなとこがいっぱいあるんで、いつかゆっくり回ってみたいです。

いただいたみかんは、張りがあって皮もしっかり厚くて、最近スーパーでよく見かける糖度の高さを売りにしたのとはちょっと違う、昔ながらの甘みと酸味のバランスが絶妙な美味しいみかんでした。個人的にはこんなみかんの方が好みかも。

Nさん、どうもありがとう〜!

日日 | コメント(0) | トラックバック(0)

秋田の実家に里帰り

2016/05/25 Wed 19:16

先週の週末、秋田の実家に里帰り。
両親が他界した後もう長い間空き家になってますが、
そろそろ今後のことも考えないと..ということで、
兄弟が集まって遺品整理の下準備みたいなことをしてきました。
生まれ育った家ではないけど、両親が元気だった頃に
子や孫が集まってにぎやかに楽しく過ごした思い出がいっぱい詰まってます。
いよいよ手放すことになるのかと思うとやっぱり寂しいですね。

十文字
町営墓地で両親の墓参り。この日は快晴で鳥海山が非常にきれいに見えました。
この美しい姿を眺めながら高校卒業までこの地で過ごしたわけですが、
こんな風に鳥海山を眺めるのもあと何回あるんだろうか?..と。


十文字

十文字
主のいない家にも花々は変わりなく咲き続けてます。


十文字
帰る前に名代三角そばやで十文字ラーメン。
久々に食ったけどやっぱ美味いな〜。

十文字
帰りの列車を待つ十文字駅のホーム、この日ここから乗ったのは私一人。
日曜の夜とはいえ、本当に人が少なくなったな~と実感。

日日 | コメント(0) | トラックバック(0)

桜咲く

2016/04/07 Thu 18:47

奥能登地方でも桜が咲き始めました。今年は開花が若干早いです。

2016春

2016春

桜だけに限ったことでもないけど、1年に1度しか見られないものっていうのは、
考えてみると見る機会がそれほど多くはないってことですね。
昔から桜を眺めていると何だか心がざわざわしてくるんだけど、
年々それの度合いが強くなっていくような気がするのはやっぱ歳のせいか?

2016春
奥は輪島港

2016春

最近はニュースなんか見てても何だか暗くなる話や腹の立つ話ばっかりだけど、
こんな春の陽の下をぶらぶら歩いてると、少しはマシな世界がずっと続いていくように
お願いしたい気分になってきますね。


日日 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »